• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • マーゴット・ロビー、パスポートをレンジで「チン」されてパーティー三昧を卒業した過去を告白!

16.08.02(Tue)

マーゴット・ロビー、パスポートをレンジで「チン」されてパーティー三昧を卒業した過去を告白!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

マーゴット・ロビー

 豪女優のマーゴット・ロビー(Margot Robbie)がロンドンで暮らしていた頃、ハウスメイトにパスポートを電子レンジでチンされてパーティー三昧の生活を見直す気になったというエピソードを明かした。

 楽しいことが大好きなマーゴットは『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のPR中に訪れたロンドンがとても気に入り、数人の友だちと一緒に家を購入。一時は7人のハウスメイトとベッドルームが4つしかない家で同居していた。仕事していない時はパーティーを開いて楽しんでいたが、ハウスメイトにパスポートを台無しにされるハプニングがあったことで、同居生活をやめるべきだとを悟ったという。

 「海外から帰宅したら、家はいつも通りパーティーの真っ最中だったの…」とマーゴットは7月29日、米モーニングショー「ライブ・ウィズ・ケリー」で振り返った。「ベンチに荷物を置いて飲み物を取りにいったら、誰かが私のパスポートにウォッカをこぼしたの」

 「酔っ払っていた彼女たちは、『乾かさなくちゃ』と思ったみたいで、電子レンジに入れたの…。もちろん、パスポートに入っていた電子チップは壊れたし、顔写真も台無しになったわ」

 マーゴットは最初、パスポートがダメになったとは気づかず、2年間は「水で傷んだ」パスポートで世界各地の空港の税関を通っていたが、最近ようやく新しいパスポートを取得したという。

 「週に1度は海外に行っているけれど、どこかの国を訪れるたびに、税関で脇に引っ張られて『すいませんが、あなたのパスポートはひどく水で傷んでますよ…』と言われるの」とマーゴット。「『本当はウォッカをこぼされたの! 長くなるから説明はしない』と言い返していたわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。