16.08.02(Tue)

デイヴ・フランコ、アリソン・ブリーに運命を感じた瞬間を暴露!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

デイヴ・フランコ

映画『グランド・イリュージョン』に出演した米俳優のデイヴ・フランコ(Dave Franco, 31)によると、交際中の女優アリソン・ブリー(Alison Brie, 33)がデイヴのネコを彼女の家で飼ってもいいと言ってくれたときに、彼女が運命の人なんだと直感したという。

2人は2012年から交際を始めて、デイヴは昨年の8月にプロポーズした。お互いの関係について固く口を閉ざしていて、公の場に一緒に現れることもめったにない2人だが、デイヴはドラマ「コミ・カレ!!」への出演でも有名なアリソンがネコに対するデイヴの情熱を共有できることがわかった際に、彼女が運命の人であることを理解できたそうだ。

「僕は独身で8キロもあるネコを2匹飼っていたんだ。これは多くの女性にとって魅力的ではないよね」と「The Late Late Show with James Corden」のインタビューで語ったデイヴ。 「このネコたちのおかげで結婚相手候補の95パーセントは対象外になってしまうんだ。でも最終的にはアリソンと出会うことができた。彼女はネコ好きなんだよ。神様ありがとう!」

2人が交際を始めた頃は別々の場所に住んでいたが、そのうちデイヴは夜は大抵アリソンの家で過ごすようになった。だが、それによりデイヴはネコたちを「放置している」ような気になってしまった。ありがたいことに、アリソンはネコと一緒に暮らすという考えを受け入れてくれた。

「あるとき、彼女に向かってこう言ったんだ。『僕たちはまだちゃんと一緒に暮らしていないけど、君の家に僕のネコも連れてきていいかな?』って」と打ち明けたデイヴ。「彼女は賛成してくれたんだ…それがこの女性と結婚するだろうと思った瞬間だったね」

最近はお互いの映画の撮影で忙しい2人にとって、ネコたちとくつろいで映画を観ているときが一番の時間だという。

「僕たちはいつも8キロのネコとベッドに入ってドキュメンタリーや『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』の続編を観たりしているんだ」とデイヴは笑った。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。