16.07.27(Wed)

ナイル・ホーランのLAの新居が女優霊に取りつかれていることが判明!?

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ナイル・ホーラン

 活動休止中の英ボーイズバンド、ワン・ダイレクション(One Direction)のナイル・ホーラン(Niall Horan, 22)がロサンゼルスで購入した邸宅に、女優のジア・スカラ(Gia Scala)の霊が取りついていると元所有者が話している。

 ナイルは昨年12月に同邸宅を390万ドル(約4億万920円)で購入。しかし現在は大規模改装中で、まだ引っ越してはいない。

 しかし元所有者の1人で同邸宅で育ったジャック・クレーン(Jack Krane)は、『ナバロンの要塞』などに出演したジアの存在を常に感じていたと明かした。彼女は1972年、薬物の過剰摂取のため寝室の1つで亡くなったとされている。

 「この家で誰かが死んだことがあるかといつも聞いていたけど、両親はないと言っていた」とジャックは英The Sun紙に語っている。「いつも何か変な感じがしていたんだ」

 「あの家が呪われていたのは間違いない。幽霊話ならいくつかある。気味が悪いよ」

 ジアの死は公式にはアルコールと睡眠薬の過剰摂取とされているが、その死にはいくつかの謎が残っている。彼女は裸で発見され、枕に血があったほか、体中にアザができていたという。

 幽霊が出るという噂があるものの、ナイルの新居は典型的な豪邸だ。5つの寝室、出入りできる屋上、屋外プールを備えているほか、リビングにはナイルが作曲できるようにグランドピアノも置かれている。

 「ナイルはこの家がとても気に入っていて、昨年末に買い付けの申し入れが通った」とある事情通は同紙に語っている。「彼が必要とするものすべてがそろっているし、それでいてあまり派手すぎない」

 「今は工事中で、彼は引っ越す前にたくさんの仕事を終わらせないといけないんだ」

 ナイルはロンドンにも自宅を所有しており、ロサンゼルスの邸宅の改装工事が終わるまでは、ロンドンでほとんどの時間をすごしているとみられている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。