16.07.27(Wed)

ジャスティン・ティンバーレイクの首に触れたファンが逮捕!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ジャスティン・ティンバーレイク

 歌手で俳優のジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)のファンが先週末、カリフォルニア州レイクタホで開催されたゴルフ大会でジャスティンの首に触れて逮捕されていたことが分かった。

 ジャスティンはセレブが一堂に会するチャリティーゴルフ大会「アメリカン・センチュリー・セレブリティ・プロ・アマ」に参加。ギャラリーと一緒に移動中、うち1人が伸ばした手で不意に首の右側を触られるハプニングがあった。

 米芸能情報サイト「TMZ」が入手した動画には、ボディガード2人に挟まれ、明らかに憤然とした表情のジャスティンが振り返り、「どうしてこんなことするんだ!」と男性に声を上げる様子が映っている。ジャスティンが憮然として立ち去るなか、イベントの警備員らが男性を取り囲んだ。

 大会側はTMZに対し、いさかいは深刻なものではなく、ジャスティンには目に見えるような傷もなく、訴追するつもりもないと語っている。警察当局によると、この男性は酩酊して興奮し、ジャスティンに「触れたかった」だけだと主張しているという。警察はその後、男性をコースから連れ出そうとしたが、結局は風紀びん乱容疑で逮捕したとTMZは伝えた。

 奇妙なハプニングに見舞われたものの、ジャスティンはゴルフ大会を楽しめたようだ。23日には人気TVシリーズ「ベルエアのフレッシュ・プリンス」などに出演していたアルフォンソ・リベイロ(Alfonso Ribeiro)やプロバスケット選手のステフィン・カリー(Stephen Curry)と一緒に、アルフォンソが同コメディシリーズで披露して有名になった「カールトン・ダンス」を即興で踊ってギャラリーを沸かせる場面もあった。

 ジャスティンは翌24日、ゴルフ大会に参加した喜びを抑えられず、「なんて週末だろう、タホ」とツイートした。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。