• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • 「ゲーム・オブ・スローンズ」のソフィー・ターナー、共演者が劇中で死ぬたびに開く「デスパーティー」にうんざり!

16.07.27(Wed)

「ゲーム・オブ・スローンズ」のソフィー・ターナー、共演者が劇中で死ぬたびに開く「デスパーティー」にうんざり!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ソフィー・ターナー

 米HBOの人気ファンタジードラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」などで知られる英女優のソフィー・ターナー(Sophie Turner)が、共演者が劇中で殺されるたびに開かれるパーティーにうんざりしていると告白した。

 サンサ・スタークを演じるソフィーは、あるキャラクターがストーリーの中で殺されると、残りのキャストが「デスパーティー」を開くと説明した。

 「誰かが死ぬたびにショックを受けるの」とソフィーはカリフォルニア州サンディエゴで開催されたサブカルチャーの祭典「コミコン」で米エンターテイメント情報番組「Entertainment Tonight」に語った。「でも今では(キャスト仲間が演じるキャラクターが殺されても)デスパーティーを開かないのが当たり前になっているわ。お酒をおごるのにお金を使いすぎてしまうからよ」

 「誰でも死ぬ時が来るものよ。『ねえ、もういいかげんにしよう。今週は毎晩飲みに出かけて、あなたの『スローンズ』最後の夜を祝っているじゃない』と思っているわ」

 ジョージ・R・R・マーティン(George R.R. Martin)の小説シリーズを原作とした同ドラマはシーズン6までの放映が終わっており、生き残ったキャラクターを演じるキャストらはお互いにとても親しくなっている。22日にコミコンに出席する前には気持ちを落ち着かせるため、みんなでお酒を飲んだともソフィーは明かした。

 「出席する前に、みんなでウォッカのショットを何杯か飲んだわ。何を話したかほとんど覚えてないくらい」とソフィーは笑った。「今では笑い話だけれど、いつも緊張するものでもあるから、気持ちを落ち着かせるために何杯か飲まないとやってられないわ」

 サンサの妹アリアを演じる同じく英女優のメイジー・ウィリアムズ(Maisie Williams)は先日、初めてシーズン7の台本読み合わせを行った時に、自分のデスパーティーは思ったより早く開かれるかもしれないと思ったと告白した。

 「今シーズンの読み合わせの終わりの方で、『ああ、エンディングの準備を始めたのね』と感じたわ」とメイジーは語っている。「いつも次のシーズンを楽しみにしていたけれど、今は目を落としてエンディングに向かっているの」

 「ゲーム・オブ・スローンズ」は2017年夏にシーズン7が放送される。また、シーズン8での終了が決定している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。