16.07.26(Tue)

「ヴァンパイア・ダイアリーズ」、シーズン8で放送終了が決定!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

イアン・サマーハルダー

 俳優のイアン・サマーハルダー(Ian Somerhalder, 37)が、主演する米人気TVシリーズ「ヴァンパイア・ダイアリーズ」が次のシーズン8で終了することに悲しい気持ちを吐露した。

 製作総指揮を務めるジュリー・プレック(Julie Plec)は23日、カリフォルニア州サンディエゴで開催されていたサブカルチャーの祭典「コミコン」で2009年に放送がスタートした「ヴァンパイア・ダイアリーズ」の終了を発表した。

 「全員で話し合い、そうすることを決めた」というジュリーの言葉を米エンターテイメント情報番組 「E!」 のオンライン版が伝えている。「次が『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のファイナルシーズンとなる。ほろ苦く、感情に訴ええ、誰もがすぐに涙を流すものになる」

 「すばらしいシリーズであり続けてきた。壮大な体験になるだけに、心の準備をしていてほしい」

 デイモンとステファンのサルバトーレ兄弟を演じるイアンとポール・ウェズレイ(Paul Wesley)も、放送終了の発表に残念な心境を打ち明けた。

 「3月のある日、デイモン・サルバトーレという特別な役にキャスティングされた正式な連絡を受けた時、太陽、月、そして星が1列になった気がした」とイアンは振り返った。「このチャンスを僕に与えるために頑張ってくれた人たち(誰だか分かっているだろう?)、このドラマを作るために努力してくれた人たち、そして忠実に観て人生の一部にしてくれた人たちに深く感謝している」

 さらにイアンは、「ヴァンパイア・ダイアリーズ」がキャリアを通じてどの仕事よりも人生を豊かにし、今後も心の中で生き続けるとつけ加えた。

 「僕たちは全員が家族だし、会えなくなると思うと寂しい限りだ」とイアンは続けた。「すばらしいキャストとスタッフ、ケヴィン、ジュリー、ワーナー・ブラザーズ、CW、そして世界最高のファンのみんな、もう一度ありがとう。ワオ、何という経験だろう」

 ポールも役者としてブレイクするきっかけを与えてくれた同シリーズに感謝の気持ちを示し、ジュリーと同じく製作総指揮のケヴィン・ウィリアムソン(Kevin Williamson)に起用してくれたことのお礼を伝えた。

 「どう控えめに言っても、『ヴァンパイア・ダイアリーズ』にキャスティングされたことで人生の軌道が変わった」とポールは説明した。「この7年間で経験し、そして学んだことを感謝する言葉は見つからない」

 最終シーズン8は全16話で、10月21日から全米で放映される。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。