16.07.25(Mon)

ルビー・ローズ、メイクの中心はいまはリップカラー選び!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ルビー・ローズ

豪モデル&女優のルビー・ローズ(Ruby Rose、30)は、米コスメブランド「アーバンディケイ」(Urban Decay)のリップカラーレンジ“Vice”の広告の顔としても活躍中だが、この仕事を得てからというものの、ルビーはリップカラーをいろいろ試すのに余念がないという。

「むかしはリップスティックといえば10本ほどしか自分は持っていなかったの。ちょっと派手にしたい時はこれ、女友達と一緒に出掛けるならこれ、DJをする時にはこれ、という感じでね」と、Glamour誌に対してルビーは語っている。

「それがいまは100本だものね。その日、どれを使うかであれこれ迷ってしまうよ。お気に入りなのは、アーバンディケイの中のTrick(ピンク系)とPandemonium(パープル系)という色たちよ」

リップカラー選びには力を入れるルビーだが、メイク自体は「Urban Decay」の“Brow Beater”で眉を描き、あとは保湿のために「La Mer」の“Renewal Oil”を使う程度のシンプルなルーチンに留めることが多いという。タトゥーを全身に数多く彫っていることで知られるルビーだけに、そのタトゥーたちがなるべく鮮やかに見えるためにも、肌の具合をよく保つために保湿を重要視しているのは納得。

「水分はたくさん摂るようにしているし、アルコールもタバコもわたしは飲まない。お芝居でスタントがあれば自分で演じるし、スケボーとかマウンテンバイクとかもするわ」とルビー。

「人生の50%は、自分を美しく感じてレッドカーペットで素晴らしい衣装を着て入たいし、あとの50%はハチャメチャな映画に出演したりサーフやスケボーをやったりしていたいから、とにかく毎日忙しく動いているわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。