• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • ジュリア・スタイルズ、『ジェイソン・ボーン』撮影中にオートバイと衝突し脳震とう!

16.07.21(Thu)

ジュリア・スタイルズ、『ジェイソン・ボーン』撮影中にオートバイと衝突し脳震とう!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ジュリア・スタイルズ

 女優のジュリア・スタイルズ(Julia Stiles, 35)が、『ボーン』シリーズ最新作『ジェイソン・ボーン』の撮影中にオートバイにぶつけられ、脳震とうを起こしていたことが分かった。『世界にひとつのプレイブック』にも出演しているジュリアは、ロンドン市内の横断歩道で起きた事故を覚えていないという。

 「ロンドンで撮り直しをしていて、気がつくと道で寝そべっていたの。『どうして道のまん中で寝ているの?』と不思議だったわ」とジュリアは米エンターテイメント情報番組「E! News」に語っている。「完全に気を失って、脳震とうを起こしていたみたい。幸い、それ以外は平気で、ライダーも大丈夫だったけれど、新作映画よりも実生活のほうが危険かもしれないと思ったわ!」

 ジュリアはオートバイがあまり好きではないと認める一方で、『ジェイソン・ボーン』では自らスタントシーンをこなすこともあったという。しかし、その必要がある時は「プロにお任せ」するようだ。

 「最高のスタントチームがいてくれるから、危ないと感じたことは一度もないの」とジュリア。「スタッフはリハーサルと練習を重ねていた。私もオートバイをゆっくり運転する練習をしたけれど、後部座席に乗るのは見かけよりも難しいの。狭い道を急カーブする時なんて、運転している人を投げ飛ばしそうになるくらいだわ。でもオートバイに乗って初めてフルスピードで走った時は本当に怖かった」

 ジュリアはポール・グリーングラス(Paul Greengrass)監督がメガホンをとるシリーズ5作目の『ジェイソン・ボーン』でCIAエージェントのニコレット・「ニッキー」・パーソンズを再演する。初めてニッキーを演じたのは14年前に公開された第1作『ボーン・アイデンティティー』だった。

 マット・デイモン(Matt Damon)は2012年の『ボーン・レガシー』でジェレミー・レナー(Jeremy Renner)に主役を譲ったが、最新作でタイトルロールのジェイソン・ボーンとして復帰する。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。