• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • テイラー・スウィフトと破局したカルヴィン・ハリス、R&B歌手ティナーシェとカジュアルな交際中?

16.07.20(Wed)

テイラー・スウィフトと破局したカルヴィン・ハリス、R&B歌手ティナーシェとカジュアルな交際中?

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

カルヴィン・ハリス

 スコットランド出身のDJカルヴィン・ハリス(Calvin Harris, 32)が、破局した米人気歌手のテイラー・スウィフト(Taylor Swift)への気持ちに区切りをつけ、R&B歌手のティナーシェ(Tinashe, 23)とカジュアルな交際をスタートしたと報じられた。

 カルヴィンは2014年、ヒット曲「ダラー・サイン」でティナーシェとコラボしたことがきっかけで知り合った。しかしここ数週間で仕事上の関係がそれ以上のものに発展したといわれている。

 「まだとてもカジュアルな関係だよ」とある事情通は米The New York Post紙のゴシップサイト「Page Six」に語っている。「何度かデートに出かけているんだ」

 「2人は(コラボして以降)連絡を取り合っていて、最近になって会うようになった」

 カルヴィンは17日、カリフォルニア州マリブの日本食レストラン「ノブ」でティナーシェと一緒だった。ある目撃者は「明らかにデートだった。とても親しそうだった」と話している。

 カルヴィンとティナーシェは熱愛報道についてコメントしていない。

 カルヴィンは2ヶ月前の5月にテイラーと別れた。テイラーもカルヴィンと別れてから数週間後に新しい恋を始め、現在は英俳優のトム・ヒドルストン(Tom Hiddleston)と付き合っている。

 それぞれ別々の道を歩み始めたテイラーとカルヴィンだが、2人は先週、カルヴィンがR&B歌手のリアーナ(Rihanna)とコラボしたヒット曲「ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー」をめぐり、またしてもメディアの注目を集めた。テイラーの広報担当者が同曲の作詞を手がけたのはテイラーだという噂が事実だと認めたことが発端だったが、彼女は当初、作曲段階の関与を秘密にし、クレジットには本名ではなくペンネームを使うことで合意していた。

 広報担当者の暴露にカルヴィンは激怒し、Twitterに怒りをぶちまけた。テイラーが歌詞を書いたことを認めた上で、カルヴィンは次のようにツイートした。

 「僕は作曲とプロデュース、アレンジを担当したけど、ボーカルはカットした。最初、彼女は秘密にすることを望んでいたからペンネームを使った。でも、この時点で彼女やそのチームがここまでして僕を悪者に仕立てようとすることに傷ついている」

 さらにカルヴィンはより個人的な攻撃を始め、テイラーとトムの新しい恋や、メディアで大きく取り上げられた、彼女の仇敵である米歌手のケイティ・ペリー(Katy Perry)との確執に関心を向け、怒りのツイートを連投した。

 「君は新しい恋に幸せなようだから、元カレを傷つけるのではなく、今の恋人に集中すべきじゃないかな」とカルヴィンは続けた。「ツアーも休みだし、ケイティみたいに葬り去る新しい相手を必要としているのは分かる。でも、悪いが僕は違う。そんなことは見過ごせない。せっかくすばらしい人生を手に入れたのだから、ポジティブな側面に集中してくれないか」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。