16.07.19(Tue)

レディー・ガガ、免許取得から数週間で警察から停車命令!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

レディー・ガガ

 人気歌手のレディー・ガガ(Lady Gaga, 30)が、免許を取得してからわずか数週間で交通違反をし、警察に停車を命じられたことが分かった。

 ガガは7月1日、運転免許証を取得したことをInstagramでファンに報告。公開した写真には、助手席に友人を乗せた古めかしい赤いトラックでハンドルを握る姿が写っていおり、次のようなキャプションが添えられている。「テルマ・アンド・プーリーズ(そう、仮免許と成人同乗者なしでは運転できない時期が数年も経ってしまったけど)。自由だわ。友だちとドライブ中」

 当初は人生における画期的な出来事に浮かれていたものの、ガガは15日にカリフォルニア州マリブの沿岸高速道路で交通警察官に停車を命じられ、交通違反を初体験することになった。

 米芸能情報サイト「TMZ」はガガが路肩で警官と話をする写真を入手。警官が運転席のそばに立ち、免許証と登記書とみられる書類を確認する中、開いた窓ごしに質問に答えるガガの姿が写っている。

 ガガがどんな違反をしたのか、軽犯罪違反で切符を切られたかどうかなど詳細は不明だ。しかし、あまり重大な違反でなかったことは確かのようだ。またガガは停車を命じられる直前に、より深刻な悲劇に注意を向けていた。

 ガガは仏革命記念日にあたる14日にニースで発生したテロ事件についてTwitterで事件の衝撃について語っている。「フランスのみなさんのために祈っています。みなさんが混乱を目の当たりにしたなら、私たちは目を閉じて調和を見いだします。私たちはみなさんと共にあります。この国、そして世界中で失われた命のために祈り、正義を奪われた遺族のために祈ります。私たちは一つです」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。