• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • ルイ・トムリンソンの息子を産んだ元恋人、ルイの新恋人に敵対心あらわ!

16.07.16(Sat)

ルイ・トムリンソンの息子を産んだ元恋人、ルイの新恋人に敵対心あらわ!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ルイ・トムリンソン

 英ボーイズバンド、ワン・ダイレクション(One Direction)のルイ・トムリンソン(Louis Tomlinson)の元恋人でルイの子どもを出産したブリアナ・ヤングワース(Briana Jungwirth, 24)が、ルイの新恋人で米女優のダニエル・キャンベル(Danielle Campbell)が「息子の母親になることはない」と敵対心をむき出しにしている。

 アメリカでスタイリストとして活動するブリアナは1月、フレディー・レイン(Freddie Reign)君を出産したが、ルイがフレディー君の共同ならびに身体的な親権を求めて家裁に提訴したことで、数週間前からルイとの関係が悪化している。

 ルイは親権バトルの渦中でもフレディー君とすごす時間を持てており、13日にはダニエルも一緒にカリフォルニア州マリブのビーチですごす姿をパパラッチされた。

 米芸能情報サイト「TMZ」が掲載し、その後削除した写真には、ルイとダニエルが生後6ヶ月のフレディー君を抱いて砂浜で午後をすごす準備をする様子が写っていた。

 しかしこの写真がネット上に出回ると、ブリアナは14日に本音を薄く隠したリアクションをツイートした。「好きなだけ母になったつもりでいればいいけど、あなたが幼い息子の母親になることは絶対にない」

 ブリアナが最後にTwitterで発言したのは7月3日のことで、ルイとのこじれた状況について長文のメッセージを投稿。3万8,000人超のフォロワーに対し、自分や息子に「憎しみに満ちて不適切な」コメントがSNS上にあふれていることにうんざりしていると語っていた。

 さらにブリアナは自分や家族のプライバシー権を尊重するように求め、こう呼びかけた。「私や息子のフレディーに軽蔑的で、憎しみに満ちて、不適切なコメントをする必要性を感じている人たちへ。時間と注意を私や息子の人生に集中させることを選んだあなたたちには心から申し訳なく思う」

 「お願いだから、噂を流したり、世間の好奇心をあおったりするために、私や息子の人生のプライバシーや個人的なことを詮索するのはやめてほしい…。私や家族、そして何よりも息子のフレディーについて、打ちのめされるほど不適切なコメントを書くのはもうやめて」

 ルイも代理人を通じて出した声明で息子を守る意志を表明。フレディー君が「普通で、プライバシーが保たれ、安心できる幼児期」が送れるよう、メディア関係者にプライバシーの尊重を求めた。息子に対するパパラッチの関心が「我慢できず、完全に不当な」ピークに達し、安全上の懸念を引き起こしたとも指摘。個人的な状況に世間の目が集まり、息子と面会できる時間が侵害されているとしてメディアに引き下がるよう要請した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。