• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • トム・ヒドルストン、テイラー・スウィフトとの交際は「本物」と反論!

16.07.16(Sat)

トム・ヒドルストン、テイラー・スウィフトとの交際は「本物」と反論!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

テイラー・スウィフト&トム・ヒドルストン

 英俳優のトム・ヒドルストン(Tom Hiddleston)が、米人気歌手のテイラー・スウィフト(Taylor Swift)と真剣に交際していると主張し、批判派に反論している。

 『アベンジャーズ』などに出演しているトムは、テイラーが5月に1年以上交際していたスコットランド出身のDJカルヴィン・ハリス(Calvin Harris)と別れた数週間後に付き合うようになった。6月に交際をスタートしたトムとテイラーは世界旅行に出かけ、イタリア・ローマなどロマンチックな都市を訪れたほか、トムが『マイティ・ソー』シリーズ最新作『Thor: Ragnarok(原題)』の撮影にのぞんでいるオーストラリアでも一緒の姿を目撃されている。

 2人の交際はかなり派手な展開を見せているだけに、本当に恋人同士なのかどうかを疑う向きも多い。しかしトムは否定派に対し、テイラーとはお互いに夢中になっていると断言した。

 「テイラー・スウィフトと僕が付き合っているというのが真実だし、2人ともハッピーだよ」とトムは米Hollywood Reporter誌に打ち明けた。「気にしてくれてありがとう」

 トムは状況をはっきりさせるため、次のように強調した。「それが真実なんだ。宣伝目的じゃない」

 その前日には、カルヴィンがR&B歌手のリアーナ(Rihanna)とコラボした新曲に関する騒動にテイラーが引きずり込まれた。

 テイラーのマネージメント側は先日、「ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー」を作詞したのは彼女だと認めた。しかし当初はテイラーの作曲段階の関与を秘密にし、クレジットには本名ではなくペンネームを使うことで合意していた。

 テイラーの代理人が作詞の事実を明かしたことでカルヴィンは立腹し、13日にTwitterで不満をぶちまけた。テイラーが歌詞を書いたことを認めた上で、カルヴィンは次のようにツイートした。「僕はこの曲で作曲とプロデュース、アレンジを担当したけど、ボーカルはカットした。最初、彼女は秘密にすることを望んでいたからペンネームを使った。でも、この時点で彼女やそのチームがここまでして僕を悪者に仕立てようとすることに傷ついている」

 さらにカルヴィンはより個人的な攻撃を始め、テイラーとトムの新しい恋や、メディアで大きく取り上げられた、彼女の仇敵である米歌手のケイティ・ペリー(Katy Perry)との確執に関心を向け、怒りのツイートを連投した。

 「君は新しい恋に幸せなようだから、元カレを傷つけるのではなく、今の恋人に集中すべきじゃないかな」とカルヴィンは続けた。「ツアーも休みだし、ケイティみたいに葬り去る新しい相手を必要としているのは分かる。でも、悪いが僕は違う。そんなことは見過ごせない。せっかくすばらしい人生を手に入れたのだから、ポジティブな側面に集中してくれないか」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。