16.07.15(Fri)

タイラ・バンクス、起業コンペの新リアリティ番組のメンター役に!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

タイラ・バンクス

今年1月に女児を出産して母親になったばかりのタイラだが、スタートアップを目指す起業家候補たちが100万米ドル(約1億円)の投資金を巡って競う新リアリティ番組『Funded』に、タイラが起業候補のメンター(指導役)のひとりとして登場することが決まった。

タイラとともに企業候補たちの指導役をこの『Funded』で務めるのは、スケートボードの元プロ選手で実業家のロブ・ディアデック(Rob Dyrdek)と、コカコーラ社の国際マーケティングなどで辣腕を振るい、マーケティングのカリスマとして知られるロハン・オザ(Rohan Oza)。タイラたち3人の指導を受けつつ、起業家候補たちは毎回登場するセレブ投資家たちに自分の事業企画を売り込み、勝ち抜いた候補が100万米ドルの投資を受けることが出来るというのが番組の仕組みだ。

「わたしは、自らのボスでありなさいとひとに言い続けてきており、誰かが夢を叶えるのを手伝うことは、わたしの生き甲斐みたいなもの」と、タイラは記者発表声明の中で述べている。

「この『Funded』という番組は、テレビならではのパワーを活かした企画で、実にワクワクしています。視聴者を楽しませると同時に、どんな途方もないものであっても自分たちの夢を追ってほしいと伝えたいと思っている」

モデル業や司会業の傍ら、自分自身も実業家として活躍するタイラ。2012年にはハーバード大学の短期ビジネスコースを履修済みで、経験に加えて事業経営のノウハウも知識として十分に身につけているようなので、この番組で思う存分タイラらしさを発揮してもらいたいものだ。

昨年2015年には、『America’s Next Top Model』が一度放送終了となり、その後タイラがクリスシー・テイゲン(Chrissy Teigen)とともに司会を務めたトーク番組『FabLife』は視聴率が奮わず、今年1月には放映打ち切りになっていた。『America’s Next Top Model』は、その後配信元をThe CWからVH1に替え、新司会者に人気歌姫リタ・オラ(Rita Ora)を迎えて、23年目のシーズンの放映を待つところだ。

『Funded』の放映開始日程は、いまのところまだ発表されていない。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。