16.07.14(Thu)

テイラー・ヒル、「ランコム」の広告アンバサダーに!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

テイラー・ヒル

米国の新進ファッションモデルのテイラー・ヒル(Taylor Hill、20)が、仏高級美容ブランド「ランコム」(Lancome)の広告アンバサダー陣の一員に新たに加わることが発表された。

「ランコムという家族に仲間入りできたことが嬉しく、また名誉にも感じています。ランコムというフェミニンなブランドの底に流れる、たしかなビジョンがわたしは大好きです。 これはわたしのキャリアにとっても大きな一歩で、また夢がひとつ実現しました」と、テイラーは声明で喜びを述べている。

ヴェルサーチ(Versace)、アレキサンダー・ワン(Alexander Wang)、「キャロリーナ ヘレラ」(Carolina Herrera)などのショーのランウェイを飾り、またランジェリーブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」(Victoria’s Secret)の“エンジェルズ”の一員に若くして抜擢されたことでも話題を集めているテイラーだが、ダリア・ウェーボウィ(Daria Werbowy)、ケイト・ウィンスレット(Kate Winslet)、ルピタ・ニョンゴ(Lupita Nyong’o)、ジュリア・ロバーツ(Julia Roberts)、リリー・コリンズ(Lily Collins)などのトップ女優やモデルたちが務める「ランコム」の広告アンバサダーに彼女もなったことで、またひとつ大きな勲章を得た形だ。

400万人以上のフォロワーをインスタグラムで持つテイラーは、14歳の時に米国コロラド州グランビーの農場にある納屋でモデルエージェント&写真家のジム・ジョーダン(Jim Jordan)により発掘されてモデルデビューした。強烈な印象を残すブルーの瞳と太眉に天真爛漫な笑顔、何よりも自信に満ちたロックシックなファッション感性でもって若者の新たなファッションアイコンになりつつある。「ランコム」がミレニアル世代の女性に訴えるのに最適な広告アンバサダーとして、そのテイラーを選んだのも大いに納得できるところだ。

「ランコム・インターナショナル」を率いるフランソワーズ・レーマン(Francoise Lehmann)は、「テイラーとこれから一緒に仕事が出来ることは喜びです。官能性と無邪気さをあわせ持ち、甘美でありながら力強い美しさも絶妙なバランスで兼ね備えるテイラーは、いまの時代に寄り添うランコムを体現してくれる女性です。また、強い好奇心を持ち、因襲に捉われることがなく人生に対して積極的であるテイラーは、同世代の若い女性たちにとって大きなインスピレーションを与える源になっています」と語っている。

モデルとしてさらに飛躍をとげたテイラーだが、一方で女優業にも強い関心を示し、先月から欧米で公開されたニコラス・ウィンディング・レフン(Nicolas Winding Refn)監督作『The Neon Demon(原題)』で映画デビューしている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。