• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • ジョン・チョー演じるヒカル・スールー、『スター・トレック』シリーズ初のゲイキャラクターと判明!

16.07.11(Mon)

ジョン・チョー演じるヒカル・スールー、『スター・トレック』シリーズ初のゲイキャラクターと判明!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ジョン・チョー

 韓国出身の俳優ジョン・チョー(John Cho)が新『スター・トレック』シリーズで演じるヒカル・スールーが、シリーズ最新作で初めてゲイであることが分かり、歴史に新たな1ページを加えることが分かった。

 スールーのプライベートの詳細は『スター・トレック BEYOND』で触れられ、同性パートナーと娘を育てていることが明かされる。

 ジョンはシリーズのファンである「トレッカーズ」が新作を観る時を待ちきれない思いで、制作側がスールーのセクシュアリティを大げさに扱わなかったことを嬉しく思っている。

 「あまり大騒ぎしない形をとったアプローチは良かった。僕たちが人間という種として存在し、それぞれの個人的な嗜好を政治化しない世の中になってほしい」とジョンは語っている。

 豪Herald Sun紙によると、脚本も手がけた俳優のサイモン・ペッグ(Simon Pegg)とジャスティン・リン(Justin Lin)監督は、私生活でゲイを公言し、かつて同シリーズでスールーを演じた日系俳優ジョージ・タケイ(George Takei, 79)に敬意を表すためにスールーをゲイにする設定にしたという。

 ジョージが1960年代のTVシリーズ版に出演していた当時、共演のウィリアム・シャトナー(William Shatner)が二シェル・ニコルス(Nichelle Nichols)と劇中でキスを交わし、TVドラマにレギュラー出演する役者として初めて異人種間のキスを披露したことでメディアは大騒ぎとなった。しかしジョージは自分のセクシュアリティが社会に受け入れられないと分かっていた。

 ジョージは昨年、ゲイであることを隠さざるをえなかった時代について説明している。

 「役者として仕事をしたかったら、秘密にしなければならなかった」とジョージは昨年、News Corp.とのインタビューで語っている。「当時は白人とは結婚できなかった。異人種間の結婚が違法だったからだ。しかし今、私は白人のパートナーと結婚している。時代は変わったんだ」

 ジョージは2005年にゲイであることをカミングアウトし、2008年に長年のパートナー、ブラッド・アルトマン(Brad Altman)と結婚した。

 一方、新『スター・トレック』シリーズでスポックに扮し、ジョンと共演するザッカリー・クイント(Zachary Quinto)も同性愛者であることを告白している。2011年にカミングアウトし、モデルでアーティストのマイルズ・マクミラン(Miles McMillan)と2013年から交際している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。