• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • ヘイデン・パネッティーア、ウラジミール・クリチコとの破局報道もどこ吹く風?

16.07.09(Sat)

ヘイデン・パネッティーア、ウラジミール・クリチコとの破局報道もどこ吹く風?

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ヘイデン・パネッティーア&ウラジミール・クリチコ

 フィアンセでウクライナ出身のボクシングヘビー級チャンピオン、ウラジミール・クリチコ(Wladimir Klitschko)から贈られた婚約指輪をしていない姿を激写された女優のヘイデン・パネッティーア(Hayden Panettiere)が、破局したという噂を打ち消している。

 米ドラマ「ナッシュビル」に出演しているヘイデンは4日、産後うつの治療のため再びリハビリ施設に入所すると発表した5月以来、初めて公の場で目撃された。ニューヨーク市内で撮影された写真には、コンクリートの階段に腰を下ろし、タバコを吸いながら本を読む様子が写っているが、左手薬指に婚約指輪がないのがはっきりと分かる。

 このため、産後うつがウラジミールとの関係に悪影響を与えているという憶測が広まっていたが、ヘイデンは7日、Twitterで事実関係について触れ、笑顔で娘のカヤ(Kaya)ちゃんを抱き、ウラジミールに寄り添っているモノクロ写真を公開した。

 「指輪がないからといって、破局を意味するとは限らない。美しい家族と一緒にいられて幸せ」とヘイデンは家族写真にキャプションを添え、祈るように両手を合わせた絵文字をつけ加えた。

 この自撮り画像にはヘイデンの左手は写っていないが、2人が今も一緒であることをはっきりと示している。

 2009年からヘイデンと交際しているウラジミールは、2013年に6カラットの指輪でプロポーズした。カヤちゃんは2014年12月に誕生している。

 ヘイデンは昨年10月、産後うつの治療のためリハビリ施設に入所し、今年5月に再入所を発表した際には次のようなツイートを投稿した。「私が経験している産後うつは、人生のあらゆる側面に影響を与えています。不健康な対処機制のせいで身動きがとれないままでいるよりは、自分の健康と命に正面から向き合うことを選びました。幸運を祈ってください!」

 この発表から数日後、ヘイデンはユタ州にある治療施設で目撃され、この時も婚約指輪を身につけていなかった。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。