• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • ジェイデン・スミス、ファッションにおけるジェンダーの壁を打ち破りたい!

16.07.08(Fri)

ジェイデン・スミス、ファッションにおけるジェンダーの壁を打ち破りたい!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ジェイデン・スミス

ウィル・スミス&ジェイダ・ピンケット=スミス(Will and Jada Pinkett Smith)夫妻の息子で同じく俳優としても歌手としても活躍中のジェイデン・スミス(Jaden Smith、17)は、自身の高校のプロムに細身のジーンズの上に黒と白のイブニングドレスを重ねて着たり、今年前半に行われた「ルイ・ヴィトン」(Louis Vuitton)の2016春夏ウィメンズコレクションの広告プロモーションでウィメンズウェアを着た姿を披露したりするなど、ファッションにおけるジェンダーの壁を打ち破る活躍も目立っている。

スタイルに対するジェイデンの考え方に対しては賛否双方の意見が寄せられているが、ジェイデン自身は、スタイルとファッションに対する柔軟な考え方を広めたいと、批判の声が上がるのも覚悟の上だ。

「自分がすることに対して世間からの攻撃もあるだろうけれど、それを気にしないということで続けるよ」と、ジェイデンはNylon誌に対して決意を語っている。

「もっとこの方向のことはするよ。自分のような“Misfit=はぐれもの”連中のために、飛んで来るパンチの多くを自分が身体を張って受けとめる、それでいいと思っている。5年後には、男の子がスカートをはいて学校に行っても、級友たちにからかわれてボコボコに殴られることがないように少しでもなれば、それでいいという気持ちなんだ。自分の子供やその次の世代には、ぼくたちの世代以前には普通と思われなかったことも受け容れられるようになれば、自分が攻撃されても価値があることだよ」と、ジェイデン。

その思いから、ジェイデンは自分と同じ思いを持つ同世代の若者向けに、Tシャツ、タイダイソックス、ジョッガーなどの商品が中心のライフスタイルブランド「MSFTSrep」(“はぐれものの代表”の意)も展開中だ。そんなジェイデンの考えを、両親のウィル&ジェイダは全面的に支持しているという。

「両親から教わった最も大事な教えは、たとえ誰が批判しようとも、何があっても自分らしくあることなんだ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。