16.07.08(Fri)

冬来たらず 「ゲーム・オブ・スローンズ」シーズン7の撮影が延期!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

デヴィッド・ベニオフ

 人気ファンタジーシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」シーズン7の制作が、ヨーロッパを覆う温暖な気候のため延期されたことが分かった。

 企画・製作総指揮を務めるデヴィッド・ベニオフ(David Benioff)とD・B・ワイス(D.B. Weiss)は例年なら7月に北アイルランド、スペイン、クロアチア、アイスランド、カナダなどで撮影をスタートする。しかし今年の撮影はシーズン7に不可欠な陰うつな天気を確実にするため先送りにされた。このため、キット・ハリントン(Kit Harington)演じるジョン・スノウやレナ・ヘディ(Lena Headey)扮するサーセイ・ラニスター、エミリア・クラーク(Emilia Clarke)演じるデナーリス・ターガリエンら主要キャラクターの運命が明らかになるのは少し先のことになるとみている。

 「放送日は決まっていないが、今年は少し遅くなりそうだ」と2人はポッドキャスト配信番組「UFCアンフィルタード」で明かした。「(撮影は)少し遅れてスタートする。その理由は今シーズンの終わりに冬が来たからだ。晴れの天気はもうドラマの目的にそぐわないため、陰うつで灰色の天気を待つために撮影を先送りにした。もっと太陽の多い撮影場所でも同じだ」

 「ゲーム・オブ・スローンズ」はこれまで、3月末から4月にかけて世界で放映がスタートした。放送開始の延期に加え、ベニオフとワイスは以前、最終2シーズンは通常1シーズン10話のこれまでと違い、合計で13話になると明かしており、ファンの楽しみが減ることも分かっている。

 ジョージ・R・R・マーティン(George R.R. Martin)の小説シリーズを原作とした同ドラマは、シーズン8で終了が決まっている。

 苛酷な運命を切り抜けて生き残ったキャラクターを演じる役者には、他にもピーター・ディンクレイジ(Peter Dinklage)、ニコライ・コスター=ワルドー(Nikolaj Coster-Waldau)、ソフィー・ターナー(Sophie Turner)、メイジー・ウィリアムズ(Maisie Williams)、グウェンドリン・クリスティー(Gwendoline Christie)、アルフィー・アレン(Alfie Allen)らも含まれる。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。