• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • 『ゲーム・オブ・スローンズ』のナタリー・エマニュエル、撮影のオフ時に食べ過ぎるとスクリーン上のセクシーな自分とは別人の気分!

16.06.29(Wed)

『ゲーム・オブ・スローンズ』のナタリー・エマニュエル、撮影のオフ時に食べ過ぎるとスクリーン上のセクシーな自分とは別人の気分!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ナタリー・エマニュエル

英美人女優のナタリー・エマニュエル(Nathalie Emmanuel、27)は、映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』ラムジー役や、特に『ゲーム・オブ・スローンズ』の女性翻訳官ミッサンデイ役などでじわじわと知名度と人気が上昇中。『ゲーム・オブ・スローンズ』では美しい裸体を披露するシーンもあるナタリーだが、フィットネスとヘルシーな食事生活に力は入れているものの、撮影がお休みに入った時期などにはついつい気を抜いてしまうのだとか。

「手抜きして、パスタを死ぬほど食べてしまった週があったの。で、その時自分が出ているゲーム・オブ・スローンズの放映を、おやつのカスタードプリンを食べながら見ていて、『1年前にこのシーンを取っていた時には、こんな物は死んでも食べようとはしなかったわね』とか思うの。画面に映っている自分ほど、すごくセクシーな自分でなくなっているのは承知だけれど、それでいいの。人生は短いから、時には楽しみもないとね」と、ナタリーはelle.comに対して述べている。

そうは言いつつ、ナタリーは普段は栄養バランスの取れた食事と、ヨガやボクシングなどを取り入れたエクササイズを心掛けている。素晴らしく鍛え上げられた腹部をいつもいつも意識的に目指すわけでないにしろ、健康的な生活を過ごすことは気分的にも良く、自分に自信を持てることだという。

「健康でいること、それを感じられることが好き。自分の身体の面倒を見ていない時には、それがはっきりと感じられるもの。バランスの取れた食事と、エクササイズをただするだけで、他に秘訣があるわけじゃないのよ」

『ゲーム・オブ・スローンズ』でのヌードシーンは、ストーリーを語る上で必要なものであればOKと割り切っているナタリーだが、ヌードに関して男女一方に変に偏らなくなった進歩を評価しているとも語った。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。