16.06.24(Fri)

ノオミ・ラパス、『プロメテウス』続編に出演決定!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ノオミ・ラパス

 スウェーデン出身の女優ノオミ・ラパス(Noomi Rapace)が、『プロメテウス』の続編となる『Alien: Covenant(原題)』でエリザベス・ショウ役を再演することが分かった。

 リドリー・スコット(Ridley Scott)監督は『エイリアン』シリーズの前日譚となる『プロメテウス』が2012年に公開されて以来、続編の制作についてオープンに語ってきた。昨年にはマイケル・ファスベンダー(Michael Fassbender)が続編にも出演することを明言していたが、多くのファンは同じく『プロメテウス』で生き残ったショウの運命について混乱させられていた。

 『ミレニアム』シリーズなどで知られるノオミが演じたショウは、ラストシーンでマイケル扮するアンドロイドのデヴィッドが操縦する宇宙船に乗って未知の場所へと旅立ち、エイリアンから逃れた。

 ここへ来て、ノオミが続編でも出演することが明らかになった。2月に制作が始まったオーストラリアでシーンの撮影に参加する様子が目撃されている。続編にエリザベスが関係することは、これまで厚いベールに包まれていた。

 ノオミと共演するのは、シリーズ初出演となるビリー・クラダップ(Billy Crudup)、キャサリン・ウォーターストン(Katherine Waterston)、ダニー・マクブライド(Danny McBride)らで、未知の領域と思われる場所を発見するも、デヴィッドと出くわす宇宙船コヴナントの乗組員を演じる。同作は2017年8月の公開が予定されている。

 一方、『第9地区』などで知られるニール・ブロムカンプ(Neill Blomkamp)監督による別の『エイリアン』作品も進行中で、スコット監督はプロデューサーを務めている。同企画は昨年に一度中断されたが、『Alien: Covenant』が公開された後に制作が再開する予定だ。

 1979年から1997年までのオリジナルシリーズでエレン・リプリーを演じたシガーニー・ウィーバー(Sigourney Weaver)は、リプリー役を再演する契約を交わしており、今年4月のイベントではファンに公開を「待つだけの価値がある」と語っていた。

 「リドリーはニールに、『Prometheus 2』が終わるまで新作を作らないでとお願いしたの」とシガーニーは語った。「(スコット監督は)自分の作品の撮影と公開を先にしたがっていた。でも(新『エイリアン』作品は)すばらしい脚本だし、ニールと私は制作にとても興奮しているわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。