• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • デザイナーたちからセクシーだと言われているデイジー・ロウ、祖父の病気が原因で体重が激増?!

16.06.24(Fri)

デザイナーたちからセクシーだと言われているデイジー・ロウ、祖父の病気が原因で体重が激増?!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

デイジー・ロウ

イギリス人モデルのデイジー・ロウ(Daisy Lowe, 27)が、数々のデザイナーからセクシーだと言われているにもかかわらず自分ではそう思っていないと告白した。女性の体型に関する問題にフェミニスト的な姿勢で立ち向かっているデイジーは、「プラスサイズ」という言葉に反感をもっている。やせている時もあればぽっちゃり気味の時もあるデイジーだが、自分の体型に不満をもつことはないという。「私の体はセクシーだとデザイナーたちに言われるの。それを受け入れてはいるけれど、自分のことをセクシーだとは思わないわ。私は不器用すぎるから、セクシーにはなれないのよね。私って、転んでばかりいるのよ」と、デイジーは英Grazia誌のインタビューで話している。「以前はセクシーな服をよく着ていたけれど、最近はレディっぽくなろうとしているの。キャサリン・ヘップバーン(Katharine Hepburn)やジュリアン・ムーア(Julianne Moore)みたいにね。私はああいうクラシックで美しいファッションが大好きで、お気に入りのブランドはサンローラン(Saint Laurent)やクリストファー・ケイン(Christopher Kane)、フレーム(FRAME)、それにペイジデニム(Page Denim)なの。レディライクなファッションって、すごくセクシーだと思うわ」。

デイジーの祖父は、肺がんを患って最近まで闘病生活を送っていた。つらい状況に耐えるために食べてばかりいたせいで、デイジーの体重はみるみるうちに増加。やがて祖父の病が全快した時、デイジーは病後の祖父に寄り添って回復の手助けをするために減量することを決意した。パーソナル・トレーナーの指導を受けてスリムな体型を取り戻したデイジーは、今まで以上にハッピーでヘルシーに見える。「やせることに必死になっていたわけじゃないの。私は元の体型を取り戻したかっただけなのよ」と、デイジーは説明している。「全身均等に肉がついたのはラッキーだけれど、胸が大きくなりすぎたし脚も太すぎた。食生活にも気を使っているけれど、神経質になりすぎてはいないわ。私は自分の体型に満足しているから。それに、私は生きていることに心から感謝したくなるような経験をしたのよ」。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。