• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • マーヤ・ルドルフ、オバマ大統領に控室を貸して感謝されたエピソードを披露!

16.06.22(Wed)

マーヤ・ルドルフ、オバマ大統領に控室を貸して感謝されたエピソードを披露!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

マーヤ・ルドルフ

 『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』などで知られる女優のマーヤ・ルドルフ(Maya Rudolph)は、バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領に控室を貸し、お礼にチョコレートをもらったことがある。

 マーヤは現在、ニューヨークのロックフェラープラザ30番でマーティン・ショート(Martin Short)と共演する新バラエティ番組「マーヤ&マーティ」の撮影を進めており、同じビルではジミー・ファロン(Jimmy Fallon)が司会のトーク番組「ザ・トゥナイト・ショー」の収録も行われている。

 オバマ大統領は先々週、同番組に出演した際、マーヤの控室を与えられたため、マーヤは自分のスペースを使うことができなくなった。しかし自分の家のようにくつろいでほしいと書いたメモを残し、自分の存在をアピールすることにした。

 「『警備が非常に厳しくなり、ホールが立ち入り禁止になるほか、48時間は部屋に入ることができない』と言われたの」とマーヤはセス・マイヤーズ(Seth Meyers)が司会のトーク番組で打ち明けた。「それで、『こんにちは、オバマ大統領、ようこそ。ミ・カサ・エス・ス・カサ(私の家はあなたの家)』と書いてメモを残したの」

 また、2期を務めたオバマ大統領に感謝したマーヤが控室に戻ると、お礼として手紙とブランドもののチョコレートが置いてあるのを見つけて驚いたという。

 「返事をしてくれたの! 『寝る場所に困っていた私にソファを貸してくれてありがとう』と書いてあった。世界最高の大統領だわ。そして他に何が部屋にあったか分かる? 大統領差し入れのキスチョコレートよ。きれいなパッケージ入りで、『オバマ大統領』と書かれたキスチョコレート。『ここにいた』ということを示すのに、どれだけクールになれるのかっていう話だわ」

 チョコレートは「とてもおいしかった」ともつけ加えた。

 マーヤがオバマ大統領とお近づきになったのはこれが初めてではない。彼女は以前、大統領選で民主党指名候補だった当時のオバマ氏が深夜バラエティ番組「サタデー・ナイト・ライブ」に出演した際、オバマ氏のコスプレをしたことがある。このコントは放映されずじまいだったが、オバマ氏は出演したため、コスプレ姿のマーヤと会っていた。

 「カリスマ的で、信じられないくらいハンサムだった。そして背が高かったわ!」とマーヤは昨年、Yahoo! Styleで語っている。「あのベビーブラウンの瞳に一瞬でやられてしまったわ。それがあの場所(『サタデー・ナイト・ライブ』)ならではの特別なこと。時には自分をつねって、『一体何がどうなってるの?』と驚く瞬間が訪れる」

 マーヤは2007年までの7年間、「サタデー・ナイト・ライブ」に出演した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。