• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • ジョニー・デップとアンバー・ハード、離婚の和解案を目指してDVに関する公聴会を延期!

16.06.18(Sat)

ジョニー・デップとアンバー・ハード、離婚の和解案を目指してDVに関する公聴会を延期!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

アンバー・ハード&ジョニー・デップ

 米現地時間17日に予定されていた、俳優のジョニー・デップ(Johnny Depp)と女優のアンバー・ハード(Amber Heard)元夫妻のDVに関する公聴会が、離婚の条件を話し合うため延期となった。

 アンバーは5月、15か月前に結婚したジョニーとの離婚を申請。さらに結婚して以来ずっと虐待されてきたと主張し、DVを理由とする一時的な接近禁止命令を獲得した。

 ジョニーとアンバーは17日、ジョニーに対する一時的な接近禁止命令を延長するかどうかを判断する公聴会で対決する予定だったが、米芸能情報サイト「TMZ」によると、元夫妻は和解を目指して交渉中だという。複数の事情通は、ジョニーとアンバーがお互いに顔を合わさずにすむ合意を話し合い、資産分割や配偶者扶養に関する詳細を詰めていると語っている。

 アンバーは離婚申請書で配偶者扶養として毎月5万ドル(約520万円)を求めたほか、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズで知られるジョニーが2015年に約3,000万ドルの収入を得ていたことから、裁判所がジョニーに対し、一時的に毎月約100万ドルの支払いを命じるだろうと確信していたようだ。

 ところがアンバーの弁護士は13日に書類を提出し、アンバーは別居中の夫からの金銭的支援を求めた理由は、離婚裁判で普通に行われていると考えたからだと主張。アンバーは要請を撤回したと言われているが、すでに提出された書類では、接近禁止命令の問題が処理されれば金銭的支援を要求する権利があるとしている。

 ジョニーはアンバーに暴力を振るった事実はないと否定している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。