16.06.16(Thu)

レナ・ダナム、こぢんまりとしたジミ婚を望んでいる!?

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

レナ・ダナム&ジャック・アントノフ

HBOシリーズ「Girls/ガールズ」のクリエイターであるレナ・ダナム(Lena Dunham)と彼氏であるミュージシャンのジャック・アントノフ(Jack Antonoff) は付き合い始めて早4年。公にもそろそろ結婚をと発言している。当初、アメリカ国内で同性婚が合法となるまで結婚する気はないとしていた二人だが、昨年(2015年)同性婚はアメリカ国内で合法となった。そんな中レナ自身は、まだ自分には結婚に対する準備ができていないと以前の意見を覆す発言を繰り返している。

ただし、レナが自分の結婚式に関して思いを巡らしているのは確かで、レナとジャックの二人は花嫁介添人や花婿介添人がいる伝統的な結婚式はせず、ジャックの姉レイチェルとレナの妹グレースに通常ではない格好をしてもらうだけの結婚式を望んでいるのだという。

「ジャックと私の間では話はついているの。結婚する時は、それぞれの姉と妹だけを呼んで、彼女たちにタキシードを着てもらって参列してもらうんだって」と、レナはPridesource.comのインタビューで語っている。「ジャックのお姉さんはストレートだし、私の妹はレズビアン。だから彼女たちが私たちの花婿花嫁介添人になってもらえばいいじゃない。それだけよってね、それが私たちの夢なの」

30歳になるレナはジャック(32歳)をただの彼氏と呼ばす、「パートナー」だと言ってはばからない。その言葉を使うことで彼女が「ゲイコミュニティといっしょにある」という意識を持てるからだという。

「その気になってみればいいじゃない」、そして同性婚が合法になったらプロポーズして、とレナはジャックに冗談交じりに言ったそうなのだが、ジャックはどうもこの考え方に乗り気にではないようで、それが原因で結婚はもう少し待ったほうが良いのではないかと考え始めたそうなのである。

レナは2015年7月のニューヨーカー・マガジンに寄稿されたエッセイで、「事実、すべての人に結婚する権利を望むことと単に結婚することを望むことは、まったく二つの異なったこと」という意見を述べている。

「でも、私が待ち望んでいたのは結婚をする機会じゃなくて、公平な場での結婚を考える機会だったんだということなの。結婚の妥当性がもう少しだけ確固なもので、その源がもう少しだけ拒みにくいものである世界で結婚を考える機会が欲しかったのよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。