• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • アンバー・ハードの代理人、ジョニー・デップのスタッフが自宅から私物を持ち出したことに怒って警察に通報!

16.06.15(Wed)

アンバー・ハードの代理人、ジョニー・デップのスタッフが自宅から私物を持ち出したことに怒って警察に通報!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

アンバー・ハード

 女優のアンバー・ハード(Amber Heard)の代理人チームが13日、アンバーの別居中の夫で俳優のジョニー・デップ(Johnny Depp)のスタッフが夫妻が暮らしていた邸宅に押しかけ、ジョニーに対する接近禁止命令に違反したとして、警察に通報するハプニングがあった。

 アンバーは5月、15か月前に結婚したジョニーとの離婚を申請。さらに結婚して以来ずっと虐待されてきたと主張し、DVを理由とする一時的な接近禁止命令を獲得した。

 規定により、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズで知られるジョニーは、アンバーと暮らしていた、ロサンゼルスのダウンタウン地区にある邸宅に100ヤード(91.44メートル)以上近づくことができないと警察当局は米芸能情報サイト「TMZ」に語っている。しかしジョニーのスタッフは邸宅に押しかけ、敷地内からジョニーの所有物だとする品物を持ち去り、壁から装飾品を取り外し、家具を回収したという。

 ジョニーはその場にいなかったが、アンバーのチームは接近禁止命令に違反した可能性があるとしてロサンゼルス市警に通報した。裁判所の命令には、17日に予定される公聴会まで必要な衣服や私物を回収することを認める「ムーブアウト・オーダー」も含まれているが、アンバーの弁護団はジョニー側がその規定を拡大解釈していると考えている。

 一方、ジョニーに近い複数の事情通は米芸能情報サイト「TMZ」に対し、彼のチームは「ジョニーの私物を入手している」と認め、あくまで命令の規定範囲内だと主張した。

 当時アンバーが邸宅内にいたかどうかは不明だが、ジョニーは泥沼の離婚バトルが続く中、カリブ海に浮かぶバハマ諸島に所有するプライベートアイランドで身を隠している。皮肉なことに、ジョニーは2004年に購入したこの島で2015年2月にアンバーとの結婚式を挙げている。

 元夫妻の公聴会は17日に開かれ、ジョニーに対する一時的な接近禁止命令を延長するかどうかを判事が判断するとみられている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。