16.06.15(Wed)

ライアン・レイノルズ、超有名時計メーカー「ピアジェ」の顔に!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ライアン・レイノルズ

大ヒット作「デッドプール」主演のライアン・レイノルズ(Ryan Reynolds)が、高級時計ブランド「ピアジェ」(Piaget)の新しい顔として全世界的宣伝キャンペーンのモデルに就任した。レイノルズは「小さなガキ」の頃から、この象徴的な時計に敬意を払っていたと発言している。

「これ以上象徴的なブランドを他に見つけろと言っても無理だよ。これほどまでに職人技、優美さ、そして創造性を実証しているブランドも他にはない」と、レイノルズはファッションブログ「Pret-a-Reporter」とのインタビューで語っている。「僕の働いている業界は流行の移り変わりがとても早い。だから、こういった象徴的で、時代を超えて愛されるものとの出会いはとても大事なんだよ」

ピアジェ社のCEOフィリッペ・レオポルド・メツガー(Philippe Leopold-Metzger)も、「ライアン・レイノルズがブランドの顔に最もふさわしい」と発言し、彼のカリスマ性、ハンサムなところ、スクリーンで見せる才能はピアジェ社の世界的なスポークスマンとして完璧だとしている。彼はまた「ピアジェと同様、ライアンは自身のアートに自由な創造性を持ち込むことを恐れていない」とも付け加えている。

レイノルズは、この新しい役割を得たことを記念して、彼の新しい宣伝写真を自身のインスタグラムに投稿している(現地時間、2016年6月9日木曜日)。

コメント欄には「@ピアジェファミリーに加わることはこの上ない誇りと幸せなこと」と書き添え、また「僕の本当のファミリーとの別れはつらいけれど、これが一番いい方法なんだよ、彼らも分かってくれる」と笑わせるコメントも忘れてはいない。

レイノルズとともにピアジェ社のスポークスマンを務めるのは、2015年初頭からピアジェ社の宝石ラインのブランド大使になっている女優ジェシカ・チャステイン(Jessica Chastain)。

彼女は2015年度のゴールデン・グローブ賞のレッドカーペットに34カラットという大粒のダイアモンドをあしらったイヤリングを揺らして登場。これはピアジェ社が貸し出したもので、その数日後、ジェインがピアジェ社のスポークスモデルに就任したことが発表された。

当時、ジェインは次のような声明を出している。「ピアジェ社との提携をものすごく誇りに思います。彼らの細部に対するこだわりは他に比較の対象がなく、その美しいラインアップを見れば、同社のモットーである『必要とされている以上のことを行う』がまぎれもないことが分かっていただけると思います」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。