• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • アレクサンダー・スカルスガルド、役作りのダイエットに懲りて『ターザン』続編には及び腰!

16.06.01(Wed)

アレクサンダー・スカルスガルド、役作りのダイエットに懲りて『ターザン』続編には及び腰!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

アレクサンダー・スカルスガルド

 俳優のアレクサンダー・スカルスガルド(Alexander Skarsgard, 39)は、もし『ターザン:REBORN』の続編が製作されることになったとしても、厳しいダイエットとトレーニングはもう繰り返したくないと願っている。

 米人気TVシリーズ「トゥルーブラッド」などで知られるアレクサンダーは、ジェーン役のマーゴット・ロビー(Margot Robbie)と共演する最新作の役作りのため、8ヶ月の間、週6日のトレーニングと苛酷なダイエットプランを実行。しかし決して楽しい経験ではなかったようだ。

 すでに続編の話も出ているが、アレクサンダーは同じ特訓を二度と繰り返したくないと願っていて、少なくとも同程度の厳しさにはなってほしくないと打ち明けている。

 「続編ではターザンが体重を増やして、ケーキを食べたり、(ビールの)ステラをたくさん飲んでいるといいね」とアレクサンダーは英Closer誌とのインタビューでジョークを飛ばした。「何なら脚本を書いてもいいよ!」

 アレクサンダーは同作の追加シーンの撮影を求められ、すでにターザン式ダイエットを復活させた経験もある。

 「みじめなダイエットだった。本当にひどかったよ。肉体改造のために、8ヶ月も厳しいダイエットとエクササイズに取り組んだ。鳥の胸肉をたくさん食べたよ。本当にきつかった」とアレクサンダーは顔をしかめた。「撮影が終わってから数ヶ月後に追加の撮影で呼び戻されたけど、『カンベンしてくれ!』と思ったよ。あんなダイエットはもうしたくなかったからね!」

 そんな厳しいダイエット生活の中でも1日だけ休んでいい日があり、トレーナーにイタリアンレストランに連れていってもらい、好きなものを注文していいと言われた時は感極まったという。

 「涙が出たね」とアレクサンダーは以前、米エンターテイメント情報番組 「E!」 のオンライン版で告白した。「『パスタを注文していいよ』と言ってくれたんだ。それを食べ終わると、『まだ足りない?』と聞くから、『もちろん!』と答えた。すると彼は『じゃあピザと、それにティラミスも注文していいよ』と言うんだ。人生で最高の食事になったよ」

 『ターザン:REBORN』は日本でも7月30日に公開される。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。