16.06.01(Wed)

ベラ・ハディッド、「ディオール」メイクコスメの新しい顔に!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ベラ・ハディッド

新進ファッションモデルのベラ・ハディッド(Bella Hadid、19)が、「ディオール」(Dior)のメイク商品ラインの広告アンバサダーになることが、5月31日に同ブランドから発表された。

これは同日英国のブレナム宮殿で行われた「ディオール」の2017春夏レジャーコレクションショーに合わせて発表されたもので、ベラは「ディオール」がウェブ上で6月6日から提供する、美容に関する映像コンテンツシリーズ“Make-Up Live”の主役も、クリエイティブディレクターのピーター・フィリップス(Peter Philips)とともに務めることになるという。その初回は、この日のショーを歩いたベラの舞台裏映像になる予定だ。

これによりベラは、すでにナタリー・ポートマン(Natalie Portman)、ジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)、マリオン・コティヤール(Marion Cotillard)など錚々たる面々が並ぶ、豪かな「ディオール」広告のラインアップに新たに加わることになる。たとえばジェニファーは、2014年に推定総額2000万ドル(約22億円)で複数年の広告契約を結んでいる。

姉ジジ・ハディッド(Gigi Hadid)も人気モデルであるベラの最近の躍進ぶりは目覚ましく、この5月にはVogue誌トルコ版の表紙を飾りVogueカバーガールの一員にもなったばかり。

また米版Elle誌6月号の表紙にもなったベラは、同誌のインタビュー対して、ボーイフレンドであるR&B歌手ザ・ウィークエンド(The Weeknd)との交際の様子や、往年のスーパーモデルである母ヨランダ・フォスター(Yolanda Foster)から伝授されたメイク法などについても語っている。ヨランダから教えてもらった写真に撮られる際の秘訣などは、ベラは取り分け忠実に実践しているという。

「モデルの仕事をしている時間中は、楽しいことを思い浮かべるようにしている。それが必ず顔に出るものだから。むかしは自分の愛馬たちのことを考えるようにしていたけれど、いまはもっと違うことを思い浮かべているわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。