16.05.31(Tue)

カニエ・ウェストのスタジオが2万ドルの空き巣被害に!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

カニエ・ウェスト

 カリフォルニア州カラバサスにあるラップ歌手カニエ・ウェスト(Kanye West, 38)のスタジオに5月24日、空き巣が侵入し、2万ドル(約220万円)超分のPC機器が盗まれたと米芸能情報サイト「TMZ」が伝えている。スタジオのドアが夜のうちにこじ開けられ、ノートやデスクトップのパソコンが持ちだされたと警察当局は同サイトに語っている。しかし高度なセキュリティ対策により、PC内の情報にアクセスされたり、ハッキングを受けたりするテクノロジー被害はなく、新しい機器に置き換えられたという。

 警察はまだ容疑者を特定していないが、カニエのスタッフはスタジオの中を熟知している者による犯行だとしている。

 今回の事件が報じられた直前には、5月2日に開催された「METガラ」ことメトロポリタン美術館主催の「コスチューム・インスティチュート・ガラ」パーティーの前にプライベートなことを暴露したとして解雇した元警官に対し、カニエが訴訟をちらつかせたと伝えられた。

 カニエの弁護士は元ボディガードのスティーヴ・スタナリス(Steve Stanulis)に書簡を送り、公式謝罪を要求。カニエに雇われた際、守秘義務契約を結んだと指摘した。

 しかしスティーヴはその契約にサインしたことを否定。米The New York Post紙のゴシップサイト「Page Six」で次のように語っている。「2人(カニエと妻でリアリティ番組のスター、キム・カーダシアン)との仕事を終えて、最初のコメントがメディアで報じられると、カニエのボディガードチームのトップが面会を希望し、先日付けの秘密保持契約にサインを求められたが断った」

 「まるで首をギロチン台に置いてレバーを引くようなものだ」

 「カニエは謝罪を要求しているが、脅迫した彼こそ謝罪すべきだ」とスティーヴはつけ加えた。

 しかし、カニエに近い情報筋はスティーヴが2月に秘密保持契約にサインしたことを忘れていると指摘している。

 TMZによると、カニエとキムはスティーヴがボディガードの仕事を通じて知ったプライベートな内容を暴露したことを正式に謝罪しない限り、訴訟手続を進めるつもりだという。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。