16.05.31(Tue)

ジョニー・デップの娘リリー・ローズ、DV疑惑の渦中にある父を擁護!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

リリー・ローズ・デップ

 『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズで知られる俳優のジョニー・デップ(Johnny Depp, 52)の妻で女優のアンバー・ハード(Amber Heard, 30)が離婚を申請し、DV被害を訴えている中、ジョニーの娘リリー・ローズ・デップ(Lily-Rose Depp, 17)が「愛情深い父親」だと擁護している。

 ジョニーと15ヶ月前に結婚したアンバーは5月23日に離婚を申請。27日にはDVを理由に接近禁止命令を申請した。右目にアザのようなものができている写真を証拠として提出し、先々週の週末に夫婦ゲンカになった際、ジョニーにiPhoneを投げつけられたと主張した。

 俳優のミッキー・ローク(Mickey Rourke)やポール・ベタニー(Paul Bettany)らジョニーの友人らが擁護する発言をしているが、ここへ来てモデルとして活動する娘のリリー・ローズも「やさしい」父親だとジョニーをかばっている。

 「父は世界一やさしくて、愛情深い人です。弟と私にとってはすばらしい父でしかなく、父を知っている人ならきっと同じことを言うはずです」とリリー・ローズはInstagramに投稿した写真にキャプションを添えた。この写真にはジョニーが幼いリリー・ローズの手をとって歩く姿が写っている。

 ジョニーのために声を上げた家族はリリー・ローズだけではない。母親でジョニーと2012年に別れるまで14年間にわたって事実婚のパートナーだった仏歌手で女優のヴァネッサ・パラディ(Vanessa Paradis)も、米芸能情報サイト「TMZ」が入手した手紙でDV被害を訴えるアンバーに強く反論している。

 「関係者各位へ」とヴァネッサは書き出している。「ジョニー・デップは私の2人の子どもの父親であり、繊細で、愛情にあふれる人です。報じられている最近の申し立ては言語道断だと心から確信しています」

 「ジョニーを知っていた年月を通じて、彼が私に身体的虐待を加えたことは一度もありませんし、(伝えられる内容は)すばらしい14年間を共にすごした男性の姿ではありません」

 ジョニーの最初の妻ロリ・アン・アリソン(Lori Anne Allison)も28日、元夫をサポートする輪に_加わった。1983年にジョニーと結婚したロリ・アンは、暴力を受けたことや怒鳴られたことはおろか、声を上げられたこともなかったと主張している。彼女は友人らに対し、1985年に離婚したジョニーは女性に手をあげるタイプではなく、アンバーによる虐待の訴えは信じられないと力説したとTMZは伝えている。

 ロリ・アンはジョニーが「穏やかな性格」で、ペットを我が子のように愛しているともつけ加えた。2人はジョニーの母ベティ・スー・パーマー(Betty Sue Palmer, 81)さんが長い闘病生活の末に20日に息を引き取ったことから、最近言葉を交わしたとみられている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。