• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • ジョニー・デップの代理人がアンバー・ハードの離婚申し立てについて沈黙を破る

16.05.28(Sat)

ジョニー・デップの代理人がアンバー・ハードの離婚申し立てについて沈黙を破る

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

アンバー・ハード&ジョニー・デップ

 『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズで知られる俳優のジョニー・デップ(Johnny Depp, 52)の妻で女優のアンバー・ハード(Amber Heard, 30)が離婚を申し立てたと報じられた件について、ジョニーの代理人が初めて口を開き、事実として認めた。

 アンバーは23日、ロサンゼルス地裁に15ヶ月の結婚生活を終える申請書を提出した。別居の日付は5月22日となっており、この2日前にジョニーの母ベティ・スー・パーマー(Betty Sue Palmer)さんは長い闘病生活の末に息を引き取った。またアンバーは和解しがたい不和を離婚の理由として挙げている。

 ジョニーの代理人は離婚が報じられてから初めて沈黙を破り、2人に関する様々なゴシップを批判し、ジョニーは速やかな離婚を望んでいると明かした。

 米エンターテイメント情報番組「E! News」に寄せた声明で、代理人は次のようにコメントしている。「結婚の短さと、母を失ったという悲劇を踏まえ、ジョニーが私生活に関する下品で誤った噂やゴシップ、虚報、そして嘘に対応することは一切ありません」

 「この短かった結婚が、すみやかに解消されることを望んでいます」

 アンバーは提出した法的文書の中で、オスカーにノミネートされたこともあるジョニーに配偶者扶養を求めているが、ジョニーは経済的支援の要請を却下するよう求めている。

 ジョニーは一流のセレブの離婚弁護士として知られるローラ・ワッサー(Laura Wasser)を代理人に指名したと米芸能情報サイト「TMZ」は伝えている。ワッサー弁護士は米リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で知られるクロエ・カーダシアン(Khloé Kardashian)と元NBA選手のラマー・オドム(Lamar Odom)の離婚も手がけており、26日には延期になっていた元夫妻の離婚手続きを再開した。

 ジョニーとアンバーは2011年の映画『ラム・ダイアリー』での共演がきっかけで知り合い、2015年2月に結婚。2人の間に子どもはいないが、ジョニーは14年間にわたって事実婚のパートナーだった仏歌手で女優のヴァネッサ・パラディ(Vanessa Paradis)との間に2人の子どもをもうけている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。