16.05.25(Wed)

アデル、ソニー・ミュージックと140億円超で契約へ?

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

アデル

 英歌手のアデル(Adele, 28)が、ソニー・ミュージックと1億3,100万ドル(約142億円)で契約を交わすと報じられている。

 アデルは現在XLレコーディングスと契約しているが、ソニー・ミュージックに移籍する契約を交わす寸前だという。巨額の契約金を加えると、その総資産は2億5,400万ドルにのぼると英The Sun紙は伝えている。

 「この世代で最大の音楽スターを確保した。これは極めて重大なことだ」とある関係者は同紙に語っている。「アデルのもともとのレーベルであるXLとの契約が終了し、我々とはアメリカですでに関係を築いている」

 「契約は現在、アメリカで傘下レーベルのコロンビアが手がけているが、 9,000万ポンドという額で彼女の今後の楽曲を世界で独占的にリリースする権利をソニーが手にすることになる」

 この契約は英アーティスト史上最も高額の契約金になると言われており、2002年に英ポップグループ、テイク・ザット(Take That)のロビー・ウィリアムズ(Robbie Williams)がEMIに移籍した際の1億1,600万ドルを上回る。また、女性アーティストが獲得した史上最高の契約金でもあり、これまでの記録保持者は2001年に1億200万ドルでアリスタと契約した故ホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston)だった。

 アデルは今年、1億2,300万ドルと言われる総資産で英The Sunday Times紙の長者番付で英女性アーティストとしてトップに立った。ソニー・ミュージックとの新しい契約は、マネージャーであるジョナサン・ディケンス(Jonathan Dickens)のおかげでもある。

 「ジョナサンは数年前からこの契約に取り組んできた。彼女の市場における価値をよく分かっていて、9,000万ポンドを求めて断固として譲らなかった」と前出の関係者はつけ加えた。

 アデルは22日夜に開催されたビルボード・ミュージック・アワードで、トップアーティスト賞、トップ女性アーティスト賞、トップセールスソング賞(「Hello」)、トップ・ビルボード200アーティスト賞、トップ・ビルボード200アルバム賞(『25』)の5冠に輝いた。ツアー中のためラスベガスで行われた授賞式には出席できなかったが、ビデオで授賞スピーチを披露し、ファンに感謝した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。