16.05.23(Mon)

カルヴィン・ハリス、交通事故で緊急入院!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

カルヴィン・ハリス

 スコットランド出身のDJ、カルヴィン・ハリス(Calvin Harris/本名:アダム・ワイルズ、Adam Wiles, 32)が20日夜、交通事故に遭って治療を受け、現在は回復中であることが分かった。ラスベガスでライブを予定していたが、事故のため直前になってキャンセルせざるを得なくなったという。

 しかし広報担当者はファンに対し、カルヴィンの無事を保証した。

 「アダムの移動車が今夕、空港に行く途中で衝突事故に巻き込まれました。そのため、今夜(ナイトクラブの)オムニアでの出演はできなくなりました。医師の診察を受け、数日間は休むように言われています」と広報担当者は声明でコメントした。

 米人気歌手のテイラー・スウィフト(Taylor Swift)と交際中のカルヴィンは退院後、ビバリーヒルズにある自宅に戻った。

 米芸能情報サイト「TMZ」は複数の事情通の話として、16歳の少女が運転していたとみられるフォルクスワーゲン・ビートルのコンバーチブルが対向車線にはみ出し、カルヴィンを助手席に乗せたSUVに衝突したという。カルヴィンは衝撃で顔に裂傷を負ったようだ。

 また今回の事故で、カルヴィンはアラバマ州で21日に開催された「ハングアウト・ミュージック・フェス」でのヘッドライン公演をキャンセルしている。

 「カルヴィン・ハリスは今夜、出演できなくなりました」と同フェスは20日、Twitterで告知した。「ハングアウト関係者は、彼や昨夜の衝突事故に関わった人たちの速やかな回復を願っています」

 米ロックバンド、パニック!アット・ザ・ディスコ(Panic! At the Disco)は、カルヴィンの前にステージに立つ予定だったが、事故を受けてヘッドライナーを務めた。同じくTwitterで次のように語っている。

 「昨夜の事故に関わった人たちの速やかな回復を願います。カルヴィン、誇りに思ってくれるようなパフォーマンスにできたらと思っているよ」

 カルヴィンはキャンセルされたオムニアでのパフォーマンスを27日に変更した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。