• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • 両乳房の切除手術を受けたアナスタシア、がん再発の危険があっても人生に前向き!

16.05.23(Mon)

両乳房の切除手術を受けたアナスタシア、がん再発の危険があっても人生に前向き!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

アナスタシア

 乳がんで2度の闘病生活を送った歌手のアナスタシア(Anastacia, 47)は、2013年に両乳房の切除手術を受けた。二度と乳がんが再発することはなくなったが、体の別の部分にがんが再発する可能性は残っている。しかし、がんにおびえる生き方はしていない。

 「もう乳がんを再発することはないけれど、他の部分にがんができる可能性はまだあるの。でも、がんにおびえて生きていないわ。健康な生活をして、一瞬一瞬を楽しむだけよ」とアナスタシアは英Hello!誌に語っている。

 2000年にリリースしたアルバム『ナット・ザット・カインド』で音楽界に突然現れて以来、アナスタシアは世界中のチャートを席巻してきた。昨年リリースされたベストアルバムは英チャート10位にランクイン。創造エネルギーがまだ枯渇していないことを証明しているとし、感謝の気持ちを感じているという。

 「自分のキャリアがとても祝福されていると感じるの。自分にないものよりも、ポジティブなものを見るようにしているわ」とアナスタシアは説明した。

 そんな彼女に影響を与える人の中には、英王室のキャサリン妃(Catherine, Duchess of Cambridge)がいる。6月に行われるハンプトン・コート・パレス・フェスティバルでイギリスを訪れる時にキャサリン妃と面会できたらと願っている。

 「ケイトはすごくステキだし、王室家族は大好き。ポジティブなエネルギーでインスピレーションを受けているわ」とアナスタシアは称賛した。

 恋愛面について言えば、アナスタシアはまだ独身だ。しかし現在は交際中だと認めている。恋愛関係をメディアでほとんど語ろうとしない彼女は、2007年にボディガードのウェイン・ニュートン(Wayne Newton)と結婚するも、3年後に離婚。しかしそれ以外の私生活はほとんど知られていない。

 「まだ相手の名前を公表する心の準備はできていないけど、誰かを知るというプロセスを楽しんでいるところなの。すごく楽しいわ」とアナスタシアは茶化してみせた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。