• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • 『X-MEN』シリーズに初出演のソフィー・ターナー、役作りのためのワークアウトでキャリアも身体も絶好調!

16.05.21(Sat)

『X-MEN』シリーズに初出演のソフィー・ターナー、役作りのためのワークアウトでキャリアも身体も絶好調!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ソフィー・ターナー

英女優のソフィー・ターナー(Sophie Turner, 20)が、映画『X-MEN』シリーズの最新作『X-MEN:アポカリプス』の役作りで行ったトレーニングのおかげで、自信を高めることができたと独自のエクササイズ方法を絶賛している。

米人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」で大ブレイクを果たしたソフィーは、同映画で若き日のジーン・グレイ(Jean Grey)役を演じるため、身体能力を最大限に引き出せるように1日1時間以上のトレーニングを週6日行っていた。最初は面倒に思えたトレーニングだったが、すぐに彼女が楽しめるものになったという。

「運動はロンドンだったり、いつもアウトドアでやっていたわ。ジムにこもってやるよりずっと楽しいもの。ワークアウトしているという事実を忘れるくらい、楽しめることをしなくちゃね」と、ソフィーは米フィットネス誌「SELF」のインタビューで語った。

ソフィーのトレーナーを務めるジェームス・ファーマー(James Farmer)氏は、彼女のモチベーションを維持するため、坂道ダッシュやボクシングの動作、ケトルベルなどを組み込んだ彼女専用のフィットネスプログラムを作り、その集中的なセッションが彼女の心と体に驚くべき効果をもたらしたようだ。

「エクササイズのおかげで自分の体についてもっと前向きに考えられるようになったし、気にすることが減ったわ。見た目が変わったかはわからないけれど、前より強くなって出来ることが増えた気がするの。すごくいい気分だし、とても開放的よ」とソフィーは語った。

現在はバレエ教室に入会しているため、バレエを習っていた過去を振り返ることに夢中になっている。

「昨晩ずっとインスタグラムで仲間たちのことを見ていたの!」とはしゃぐソフィー。

さらに今回のトレーニングを機に、ライフスタイルの変化に合わせてより健康志向の食事を取り入れるようになったという。

「健康食な食事を心から受け入れているわ。とても気分が良くなるし、エネルギッシュになれるもの。すぐに起き上がって出掛けたくなっちゃう」。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。