16.05.17(Tue)

離婚を発表したジェームズ・マカヴォイ、『X-MEN』共演者と熱愛?

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ジェームズ・マカヴォイ

 9年前に結婚した女優のアンヌ=マリー・ダフ(Anne-Marie Duff)との離婚を発表した俳優のジェームズ・マカヴォイ(James McAvoy, 37)が、その数日後に『X-MEN』シリーズで共演するアレクサンドラ・シップ(Alexandra Shipp, 24)との熱愛が報じられた。

 夫妻は2006年11月に結婚し、5歳の息子をもうけている。13日に発表した共同声明で、2人はこうコメントしている。「とてつもない悲しみと共に、離婚する決断にいたりました。今後もお互いへの友情、愛情、そして敬意を持ち続け、共に息子を育てていくことに焦点を置きながら、人生の次の章に移ります」

 ジェームズとアンヌ=マリーは恋人同士のスティーブ・マクブライドとフィオナ・ギャラガーを演じた英コメディドラマ「恥はかき捨て」で共演したことがきっかけで交際をスタートした。ジェームズは今もアンヌ=マリーと同居し、友好的な関係を保っていると英Daily Mail紙オンライン版が伝えている。

 円満離婚が報じられているものの、スコットランド出身のジェームズは『X-MEN』シリーズ最新作『X-MEN: アポカリプス』でストームを演じるアレクサンドラとの距離を縮め、前に進んだようだ。2人は撮影中に親しくなったが、控えめな交際を続けていたと英Daily Mirror紙は報じている。

 ジェームズとアレクサンドラは同作のロンドンプレミアで仲睦まじい様子を激写され、ジェームズは彼女の腰に手を当てながらファンのサインの求めに応じていた。

 ある事情通は同紙に対し、次のように語った。「2人が親しくなったのは大した秘密じゃない。ジェームズはキャストやスタッフに、結婚は終わったと率直に明かしていた。アレックスと親しくなったのはその後だったらしい。映画の関係者の間では、それなりに噂になっていたが、2人は控えめにしていた」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。