• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • ルビー・ローズ、バーテンダーにポテトを投げつけてレストランから追い出されたハプニングを釈明!

16.05.17(Tue)

ルビー・ローズ、バーテンダーにポテトを投げつけてレストランから追い出されたハプニングを釈明!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ルビー・ローズ

 米ネット配信ドラマ『オレンジ・イズ・ザ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち』で知られるDJで女優のルビー・ローズ(Ruby Rose)が13日、ルイジアナ州ニューオリンズのレストランでバーテンダーにフライドポテトを投げつけ、店外に追い出された。

 ルビーは同市の「レベリオン・バー&アーバン・キッチン」を訪れた際、サービスに不満を感じ、トラブルになったようだ。

 オーナーのセン・ホン(Seung Hong)氏は地元ニュースサイト「NOLA.com」に対し、スタッフは例外的に忙しい夜で対応に追われていたと語った。ルビーはサービスが遅いことにイライラしており、テーブルのそばを通りがかったバーテンダーに向かってフライドポテトを投げつけ、不快感をあらわにしたという。

 しかしその後、ルビーも自身の立場から状況を説明し、禁酒していることをバーテンダーにからかわれたと語っている。

 「彼女はかんしゃくを起こした」とホン氏は同サイトに語っている。「態度もひどかった。とんでもない人だ。彼(バーテンダー)は何かトラブルが起きたのかと思って彼女のところに戻り、『大丈夫ですか?』と尋ねた。すると彼女はフライドポテトをわしづかみにして彼に投げつけた。彼女は嫌がらせをしようとしていたんだと思う」

 バーテンダーからルビーの行動について報告を受けたホン氏は、彼女のグループに退店を求めた。

 「ルビーはすでに怒り心頭だったみたいで、私をなじった。でもサービス業界にいる以上、客をもてなすのが私の仕事だ」とホン氏は話している。「客に出ていくように言ったのは初めてだ」

 ルビーは14日、Facebookに「13日のフライ=デー」という題の書き込みをし、自分の言い分を主張。禁酒について品のない発言をしたバーテンダーに腹が立っただけだと説明した。

 「私たちはフライドポテトが出てくるまで60分も待たされたし、90分経っても料理が出てこなかった。そのことを伝えると、バーテンダーはドリンクを提案したわ。ありがたいけど禁酒中だと説明したら、彼はとても失礼で下品なことを私たちに向かって言った。必死の思いで禁酒しているのに、下品なジョークを何度も言われると、感情的に反応せずにはいられないわ」

 「それでポテトを1つだけ彼に投げつけた。すると彼は出て行こうとする私たちのところに戻ってきて、ひどいことを言ってきた。だから私もポテトを投げ続けた。私は毎日、文化的・社会的な無知にどう対応するかについて、新しい教訓を学んでいる。フライドポテトのことはすごく後悔しているし、そもそも反応してしまったことを後悔しているわ。次はポテトを投げることはしないかもしれないけど、次はバーテンダーが禁酒中の人に向かって『あんたのク*身元引受人にでも電話してろ!』なんて言わなければの話だわ」と彼女は書き込んでいる。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。