16.05.16(Mon)

ジェームズ・マカヴォイ、9年間連れ添った妻と離婚へ

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

アンヌ=マリー・ダ&ジェームズ・マカヴォイ

 『X-MEN』シリーズで知られる俳優のジェームズ・マカヴォイ(James McAvoy, 37)と、9年前に結婚した女優のアンヌ=マリー・ダフ(Anne-Marie Duff, 45)夫妻が13日、米People誌が入手した共同声明で離婚をサプライズ表明した。

 「とてつもない悲しみと共に、離婚する決断にいたりました」と夫妻はコメントした。

 夫妻はブレンダン(Brendan, 5)を授かっており、離婚しても息子の健康と幸せを確実にすることに全力を注ぐことで一致していると強調した。

 「今後もお互いへの友情、愛情、そして敬意を持ち続け、共に息子を育てていくことに焦点を置きながら、人生の次の章に移ります」と2人はつけ加えた。「私たち、とりわけ子どものプライバシーを尊重して下さるよう、お願いいたします」

 ジェームズとアンヌ=マリーは2004年、英コメディドラマ「恥はかき捨て」で共演したことがきっかけで交際をスタート。2006年に結婚したが、ここ数年は私生活をほとんど語ろうとしなかった。

 スコットランド出身のジェームズは英The Daily Record紙とのインタビューで、夫妻はメディアの「ターゲット」になることに興味はないと語り、「映画やTVで相手役を演じるオファーがたくさん来るけれど、全部断っているんだ」と説明した。「共演するとメディアで持ち上げられるし、注目の的になって妻との関係もターゲットになる。そんな状況は避けたいんだ」

 しかしジェームズとアンヌ=マリーは2009年の映画『終着駅 トルストイ最後の旅』で共演している。同作にはヘレン・ミレン(Helen Mirren)とクリストファー・プラマー(Christopher Plummer)も出演している。

 ジェームズのキャリアはこの10年で激変した。『X-MEN』シリーズやアンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)と共演した『ウォンテッド』、昨年公開の『Victor Frankenstein(原題)』といったハリウッド大作に立て続けに出演している。エンターテイメント情報サイト「Contactmusic.com」とのインタビューでは、世界的に有名になったことで、家族生活に影響が出始めていると告白している。

 「家庭人として、(撮影のために)家を空けると、いつも心苦しく感じている」とジェームズは打ち明けた。「パパラッチはあまり気にならない。呼び止められるけれど、態度は悪くないから気にしないんだ。でも家族と一緒になれないせいで、関係を築いたり、子どもと時間をすごしたりできないのは別だよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。