16.05.16(Mon)

セバスチャン・スタン、初キスは10歳の時に6歳年上の少女と!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

セバスチャン・スタン

公開中の映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でバッキー・バーンズ / ウィンター・ソルジャー役を演じているルーマニア出身の米俳優セバスチャン・スタン(Sebastian Stan、33)。同役で女性ファンもすっかり増えたとあって、先頃出演したポドキャストショー『The Drop-In with Will Malnati』では異性や恋愛関係に関するあれこれの質問を受けていた。たとえば、初キスの年齢について問われたセバスチャンは、 図らずも幼いころから女性にもてたことを自ら告白している。

「10歳のときだったよ。相手は16歳だった。嘘じゃないよ!」と、セバスチャン。

これはセバスチャンが母親の再婚に伴い米国に移住する以前、まだオーストリアのウィーンで母親と一緒に暮らしていた頃の話で、問題の彼女とは一緒に通学していたのだという。

「ある日、彼女が自分のほうに身体を寄せてきて、顔を近づけて『ねえ、誰かとキスしたことがある?』と聞くから、『ないよ』と答えたら『してみたい?』と囁かれた。びっくりしたけれど、素晴らしかった。その彼女の名前をいま思いだせるといいのだけれど」

その時は初キスだけだったのかとさらに追及されたセバスチャンは、『いや、いや、そんなことは』と言いつつ、彼女から“キスのコツ”だけはしっかり教わったと認めた。

その後、この方面の話題がさらにどんどん進むことを誰も止めることもなかったようで、ついにセバスチャンの初体験にまで話が及ぶことに。こちらのほうは、同年齢の友人たちに比べて“ちょっと出遅れていた”というセバスチャンは、それが“17歳か18歳の時”だったと語った。

「ニューヨーク市のタイムホテルに部屋を借りて、終わった後はふたりで一緒にマクドナルドでハッピーミールセットを食べたよ。これも嘘じゃない」と、セバスチャンは笑った。

セバスチャンが出演し、クリス・エヴァンス(Chris Evans)がタイトルロールのキャプテン・アメリカ役を演じる『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は、他にアイアンマン役でロバート・ダウニー・Jr(Robert Downey Jr.)、ブラック・ウィドウ役でスカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson)などがスーパーヒーローたちを演じている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。