16.05.13(Fri)

ライアン・ゴズリング、恋人エヴァ・メンデスの第2子出産を認める!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ライアン・ゴズリング

 『きみに読む物語』などで知られる俳優のライアン・ゴズリング(Ryan Gosling)が、2人目の子どもが生まれたことにお祝いの言葉を伝えた記者に「ありがとう」と応じ、恋人で女優のエヴァ・メンデス (Eva Mendes)の出産を認めた。

 エヴァは先月、ライアンとの第2子を妊娠していると報じられた。9日にはエヴァがすでに出産していたと報じられ、メディアの注目を集めた。

 米芸能情報サイト「TMZ」が入手した出生証明書によると、エヴァとライアンの次女アマダ・リー・ゴズリング(Amada Lee Gosling)ちゃんは4月29日、カリフォルニア州サンタモニカのプロビデンス・セント・ジョンズ・ヘルスセンターで生まれたという。母親の名前はエヴァ・デ・ラ・カリダッド、父親はライアン・トーマス・ゴズリングと明記されている。

 ライアンとエヴァの広報担当者は出産についてコメントしていないが、最新作『The Nice Guys(原題)』のハリウッドプレミアに出席したライアンは、米エンターテイメント情報番組「Entertainment Tonight」のキャメロン・マシソン(Cameron Mathison)記者との短いやりとりの中でエヴァの出産を認めた。

 「Entertainment Tonightを代表して、女の子が生まれたことにおめでとうと言わせて下さい」とキャメロンはライアンに語りかけた。「とてもステキなことですね」

 ライアンは大きな笑顔を見せてお祝いの言葉に感謝を示しつつ、2人目の子どもの父親になった喜びを隠せなかった。

 「どうもありがとう。ありがとう」とライアンは答えた。

 ライアンはそれ以上語らなかったが、昨年12月のインタビューでは、休日に長女のエスメラルダ・アマダ(Esmeralda Amada, 1)ちゃんとすごす喜びについて語っていた。

 「(エスメラルダが)クリスマスを本当に経験する初めての年になるから、楽しみだね」とライアンは米版Hello!誌に語っている。

 またライアンは、2011年に『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』での共演がきっかけで交際をスタートしたエヴァに対する気持ちも語っている。

 「一緒になるべき人と一緒にいるという実感があるんだ」とライアンは熱く語った。「女性に求める唯一の資質は、エヴァ・メンデスであるということ。その他に求める条件は1つもないよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。