16.05.13(Fri)

ニッキー・ミナージュ、虐待で訴えてきた元恋人に激怒!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ニッキー・ミナージュ

 ラッパーのニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj, 33)が、感情的・身体的虐待を理由に訴訟を起こした元恋人のサファリー・サミュエルズ(Safaree Samuels, 34)に対する怒りを抑えられなくなっている。

 ニッキーとサファリーは2014年、交際から12年で破局し、その後は激しい舌戦を繰り広げてきた。ニッキーは9日、現在の恋人ミーク・ミル(Meek Mill, 29)の誕生日を祝った後にサラフィーの代理人から訴訟を起こされたと明かした。

 「5日、6日は恋人の誕生日だとツイート。6日、誕生日をお祝い(みんなで)。9日には訴訟された」とニッキーはTwitterで不満をぶちまけ、こう続けた。「2年も経ってから、この男(サラフィー)が下手な言い訳であたしを身体的&感情的虐待で訴えてきた。爆笑。なんてみじめな人」

 さらにニッキーは、ミークがサラフィーに対し、彼女にしつこくメールするのをやめるように伝えたとも主張した。

 「恋人が彼に、あたしへのメールをやめるように言ったの」とニッキー。「あたしも何度もやめてと頼んだわ。この人は前に進めなくなっている。悲惨だわ。証明するメールもある」

 「(サラフィーは)泣いてあたしの母に電話してきた。あたしは助けると言った。でもミークがメールをやめるように言った瞬間、トラブルになった。もうほっといて!!!!!! お願いだから!!!!!!」

 さらにニッキーは、サラフィーと交際していた間に、彼がお金を盗む瞬間を見たことがあるとも強調したが、警察は呼ばなかったと説明し、こう書き込んでいる。「お金を盗んだのを見たけど、起訴はしなかったのに!!!! 今度こそ起訴してやるわ。もううんざりよ!!!!!!」

 ニッキーとサラフィーは以前からSNS上で激しい口論を交わしてきた。2014年に別れて数ヶ月が経つと、2人はTwitterで舌戦を繰り広げるようになった。またニッキーは昨年、サラフィーが自分との交際をネタにしたとされる歌詞の曲「Love the Most」をリリースしたことを激しく非難した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。