• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • 40歳になったリース・ウィザースプーン、目指しているのは年齢相応のファッション!

16.05.13(Fri)

40歳になったリース・ウィザースプーン、目指しているのは年齢相応のファッション!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

リース・ウィザースプーン

今年3月に40歳の誕生日を迎えた米女優リース・ウィザースプーン(Reese Witherspoon)が、自分の年齢に見合わない服は着ないことにしていると告白した。エヴァ(Ava)さんという16歳の娘をもつリースは、彼女が着たがるような服は着ないというルールを自分に課しているという。「10代のうちの娘が着るような服は、着ないことにしているの。『これはあなた向きで、こっちは私向きね』とか言いながら、エヴァといっしょにファッション誌をチェックしているわ」と、リースはPeopleStyleのインタビューで明かしている。「カットオフしたショートパンツが似合う女性もいるけれど、私はもっと洗練されていてかっちりしたショートパンツのほうが好き。私はもうカットオフしたショートパンツをはくような年じゃないのよ」。

カジュアルなショートパンツだけではなく、リースはミーガン・フォックス(Megan Fox)やオリビア・ワイルド(Olivia Wilde)、ケイト・ハドソン(Kate Hudson)などオシャレな女性セレブに人気の「ボーホー・ファッション」も敬遠している。そんなリースが目下気に入っているのは、60年代風のハイウェストのパンツなのだという。「私は60年代っぽいハイライズのショートパンツが好きで、ハイウェストのショートパンツをはいた60年代の女の子たちの写真をインスタグラムに保存しているの。ああいうパンツって、すごくキュートだと思うわ」と、リースは話している。

リースの娘エヴァさんは、オシャレに目覚めるお年頃。4月に行われた野外音楽フェス「コーチェラ・フェスティバル」に流行のボーホー・ファッションで参加したエヴァさんとその友人たちについて、リースは「彼女たちはすごくキュートだったわ」と嬉しそうに話している。「あの子たちはファッションを楽しんでいた。きっと、いつまでも忘れない思い出になるでしょうね。彼女たちは大きなサングラスをかけて、いつもは着ないような服を着ていた。自分らしさを表現している彼女たちの姿を見るのは、とても楽しかったわ。ナッシュビルで育った若い頃、私も夏になると地元のコンサートに行ったものよ。フェスに行くためにオシャレするのは、とても楽しかった。そういうのって、誰にでもある通過儀礼なのよね」。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。