16.05.12(Thu)

テイラー・スウィフトのニューヨークの自宅前で不審人物を拘束!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

テイラー・スウィフト

 ニューヨークにある米人気歌手のテイラー・スウィフト(Taylor Swift)の自宅前に「精神的に不安定な」男性が現れ、警察に通報される事件があったことが分かった。

 テイラーは当時、トライベッカ地区にある自宅にはいなかったが、セキュリティチームが自宅外で身元不明の男性を拘束した。

 米芸能情報サイト「TMZ」によると、ボディガードらが応援を要請し、警察と消防が現場に駆けつけたという。当局によると男性は「頭が混乱」しており、手錠をかけられると「感情的に取り乱していた」という。

 警官は男性が引きずっていたダッフルバッグの中を調べたが、怪しいものはなかったという。しかし男性は精神鑑定のため近くの病院に連行された。

 男性が脅迫したり、テイラーの自宅に侵入したりしたかどうかは不明で、訴追はされていないとWENNは伝えている。

 テイラーの自宅に不審者が現れたのは、この3ヶ月で3度目となる。2月にはビバリーヒルズの邸宅を訪れた熱狂的なファンを警官が排除した。身元不明のこの男性ファンはギターを持っていて、正面ゲート付近をうろうろしているところを目撃された。テイラーのセキュリティチームが男性に立ち去るように言うと、男性はテイラーと以前一緒に仕事をしたことがあると主張し、出てくるのを待っていると答えたという。通報を受けた警察が男性の対応にあたり、「近づくな」と厳しく命じると、男性はすぐに立ち去ったと米芸能情報サイト「TMZ」は伝えている。

 そのわずか10日前には、テイラーがロサンゼルス市内に所有する別の邸宅にも望まれない訪問者があり、警察が出動する騒ぎがあった。同様に身元不明の男性は、テイラーの家のドライブウェイの端をうろついているところをセキュリティチームに発見された。警官によって手錠をかけられ、医学的評価のため病院に連行されたが、起訴はされていない。

 テイラーの広報担当者はその後、プライバシーの侵害を理由にメディアを批判し、邸宅の場所を明かしていることでファンが彼女を困らせるきっかけを作っていると強調した。

 「これこそ、有名人の住所や最新の不動産取引の情報を掲載するというメディアの無責任なのです」と広報担当者はWENNに語っている。「これがその結果であり、さらにひどいことになった可能性もあります」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。