• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • KISSのジーン・シモンズ、プリンスさんの死に「情けない」と鎮痛剤依存を批判!

16.05.12(Thu)

KISSのジーン・シモンズ、プリンスさんの死に「情けない」と鎮痛剤依存を批判!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ジーン・シモンズ

 米ヘビメタバンドKISS(キッス)のジーン・シモンズ(Gene Simmons)が、先日急死した人気歌手プリンス(Prince, 57)さんのファンの怒りを買うことを承知で、その死を「情けない」と手厳しく批判した。以前からアルコールやドラッグを乱用する有名人たちを批判してきたシモンズは、4月に亡くなるまで鎮痛剤の依存症で苦しんでいたといわれるプリンスさんに対しても同情の気持ちを示さなかった。

 ドラッグでハイになったことも、アルコールで酔っ払ったこともないと主張するシモンズは、米Newsweek誌との最新インタビューでプリンスさんへの追悼の言葉を求められたが、その音楽の大ファンだったことを認めた上で、処方薬を身につけたままだった死に方については敬意を持てないと明言した。

 「(プリンスは)ドラッグで死んだ」と歯に衣着せぬ言動で知られるシモンズは語っている。「カゼで死んだとでも思っているのか?」

 「プリンスはどのミュージシャンをもはるかに超越した存在だったと思っている。(マイケル・)ジャクソン(Michael Jackson)さえも圧倒していた。プリンスは彼を凌駕していた。でも自ら死を招くなんて情けない話だ」

 「彼のしたことから目をそらすべきじゃない。ゆっくりとだったのは確かだろう。だが、ドラッグやアルコールがもたらすのはまさにそれだ。ゆっくりと死に向かっていくんだ」

 シモンズはキャリアの初期にプリンスと会った時のことも振り返り、こうつけ加えた。「クラブでのパフォーマンスを見たが、俺たちにとってあんな体験は初めてだった。バックステージで『最高だった』と伝えたが、いかにも大物といった反応をするかと思っていたら、彼はすごく小さくて細い人間だった。身長も162センチくらいで、とてもシャイで、床を見つめてばかりいるような控えめな人だった。ほめられるのが苦手だったんだ」

 「ささやくようにしゃべっていた。結構ショックだったよ。(当時の恋人で歌手の)ダイアナ・ロス(Diana Ross)の顔も見ようとしないで、床を見続けていた」

 プリンスさんは4月21日、ミネソタ州ミネアポリス近郊の自宅兼スタジオ「ペイズリーパーク」で亡くなっているのを発見された。検視結果は公表されていないが、複数のメディアはプリンスさんが痛めた腰のためにとっていた鎮痛剤の依存に苦しんでいたと伝えている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。