• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • サム・クラフリン、ザック・エフロンみたいに常にワークアウトするのは自分には無理!

16.05.11(Wed)

サム・クラフリン、ザック・エフロンみたいに常にワークアウトするのは自分には無理!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

サム・クラフリン

英俳優のサム・クラフリン(Sam Claflin、29)は、来月6月に最新出演映画『Me Before You(原題)』の全米公開が控えている。この映画において、事故により半身が麻痺した若き銀行家ウィル・トレイナー役を演じたサムは、1日500キロカロリーに制限して、1日3回のワークアウトをこなして役づくりのために文字どおり自分の限界に挑戦したという。しかし、これはあくまでも役づくりのためで、映画『ハンガー・ゲーム』シリーズなどで演技力とともにハンサムなルックスで人気のサムながら、本人としてはルックスやナイスボディを期待されるのは正直少ししんどいと思っているようだ、

「他の俳優さんのレベルが高いから、自分のルックスについてあれこれ心配してばかりだよ」と、Red誌に対してため息をついたサム。

「たとえば、ザック・エフロン(Zac Efron)。ぼくと同じような年齢で、ふたりとも最優秀上半身裸シーン賞(MTV ムービー・アワード)にノミネートされたりしたけれど、ぼくなら彼に1票入れるね。彼はいつでもあの体型を維持しているけれど、それは大変な選択だよ。ぼくには出来ない。ジムでワークアウトするのなんて本当は好きじゃないからね。必要があればするけれど、そうでなければ友人たちとビールにハンバーガーとかを楽しみたいもの」

体型にあまりこだわらないでいてもらいたいというサムの思いは、妻である女優ローラ・ハドック(Laura Haddock)に対しても同じだ。昨年12月に男児を出産したローラだが、彼女の産後の体型に対してメディアが関心を寄せるのをサムは見逃していない。

「そういったことから、彼女を守りたいという気持ちになるよ。必要以上に彼女に気にしないでもらいたいからね。出産直後にすぐ元の体型に戻るのを要求される方がおかしいし、彼女は何も心配しなくていいはず。ローラは、いつだって美しいのだから」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。