• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • キアヌ・リーヴス、『マトリックス』ファンから奇妙なメッセージを受け取り警察に通報!

16.05.11(Wed)

キアヌ・リーヴス、『マトリックス』ファンから奇妙なメッセージを受け取り警察に通報!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

キアヌ・リーヴス

 『マトリックス』シリーズなどで知られるカナダ出身の俳優キアヌ・リーヴス(Keanu Reeves, 51)が、封筒を自宅に届けにきたファンの男性に不安を感じ、警察に通報するハプニングがあった。

 米芸能情報サイト「TMZ」が入手した法的書類によると、ロサンゼルス市警は昨年10月にキアヌの自宅を訪れ、郵便箱に宅配便の封筒を入れた男性を捜査しているという。封筒の中に入っていたのは、ある電話番号と、「明日、提供された携帯電話に連絡をする。私はすでに新世界の創設を始めており、君と会う必要がある」という指示が書かれたメモだったと同サイトは伝えている。

 TMZによると、この男性はキアヌが『マトリックス』シリーズで演じた主役のネオの熱狂的なファンだとロス市警はみているという。携帯電話に言及したことについては、シリーズ第1作に触発されたものだとしている。

 1999年に公開された『マトリックス』でキアヌが演じたコンピューターハッカーのネオは、現実の世界に疑いを抱くようになり、やがて謎の反乱集団と共に真の支配者との闘いに身を投じていく。

 キアヌは警官に対し、この男性が何らかの精神障害を患っているのではと不安を語っていたという。

 キアヌはこれまで、「要塞のように設計された」ロサンゼルスの自宅で何度も侵入者との遭遇に悩まされてきた。2014年には女性が自宅に侵入し、清掃スタッフに発見されるという事件もあった。この女性は服を脱ぎ捨て、プールに飛び込んだという。

 この事件の2日前にも、キアヌは自宅の図書室で別の女性侵入者と遭遇。警察には女性の「言動がおかしい」と伝えていた。この女性は逮捕されなかったものの、精神鑑定のため医療施設へ連行された。

 キアヌは最近、『ジョン・ウィック』の続編の撮影を終え、『ドライヴ』などで知られるニコラス・ウィンディング・レフン(Nicolas Winding Refn)監督の新作『The Neon Demon(原題)』にも出演する。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。