• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • ジムが嫌いなサム・クラフリン、マッチョ体型を維持しているザック・エフロンに劣等感?

16.05.10(Tue)

ジムが嫌いなサム・クラフリン、マッチョ体型を維持しているザック・エフロンに劣等感?

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

サム・クラフリン

映画『ハンガー・ゲーム』シリーズなどで知られる英俳優サム・クラフリン(Sam Claflin, 29)が、自分の体型を常に気にしていると告白した。ジムに行くのが嫌いなサムは、マッチョな体型を維持しているザック・エフロン(Zac Efron)に劣等感を持っているのだという。「ほかの俳優たちの水準が高すぎるせいで、僕は常に自分のルックスを気にしているんだ」と、サムは英Red誌のインタビューで明かしている。「ザック・エフロンがいい例だよ。僕たちは同年代だし、2人とも(MTVムービーアワードの)ベスト・シャツレス演技賞にノミネートされたことがある。僕なら、絶対に彼に投票するね。彼はあの体型を常に維持している。それって、そういう人生を送ると決めたってことだよね。そんなこと僕にはできないよ。だって、僕はジムが嫌いだから。仕事のために必要であればジムに行くけれど、必要がなければ友達とビールを飲んだりハンバーガーを食べたりしているほう好きだね」。

サムは自分の体型だけではなく、昨年12月に第1子の男児を出産した妻ローラ・ハドック(Laura Haddock)のことも心配している。女優として活躍するローラは、産後の体型変化についてメディアであれこれと言われてしまうこともある。それがローラにプレッシャーを与えているのではないかと、サムは懸念しているらしい。「僕よりも彼女のほうが、体型について必要以上に神経質になっていると思う」と、サムはため息まじりに話している。「誰であろうと産後すぐに元通りの体型になることを期待されるべきじゃないけれど、彼女は心配する必要なんてないと僕は思っているんだ。だって、彼女は本当にステキなんだから」。

ジム嫌いを自認するサムだが、最新作『ミー・ビフォア・ユー(原題)/Me Before You』の役作りに際しては「倒れるまで体を酷使した」と言うほどワークアウトに打ち込んだ。事故で体が不自由になった男性を演じるために、サムは1日500キロカロリーしか摂取しない過酷なダイエットを続けながら1日3回もワークアウトに励んだのだという。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。