• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • ヴィクトリア・ベッカム、スパイス・ガールズ時代はマイクのスイッチを切られていたと告白!

16.05.09(Mon)

ヴィクトリア・ベッカム、スパイス・ガールズ時代はマイクのスイッチを切られていたと告白!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ヴィクトリア・ベッカム

 ヴィクトリア・ベッカム(Victoria Beckham, 42)がスパイス・ガールズ(Spice Girls)時代、ステージではマイクのスイッチを切られていたと暴露した。

 ヴィクトリアは5日夜、100周年を迎えた英版Vogue誌が主催する展覧会「Vogue 100: A Century of Style」でのインタビューで当時の内幕を打ち明けた。

 スパイス・ガールズ時代は「ポッシュ」スパイスとして知られ、現在はファッションデザイナーとして成功を収めているヴィクトリアは歌唱力不足でも有名で、あまりにも歌に自信がないため、音楽会社側は彼女を沈黙させることを決断したという。

 「マイクのスイッチを切って、他のメンバーだけ歌わせていたわ」とヴィクトリアはロンドンのナショナル・ポートレート・ギャラリーで行われた、司会者のクラウディア・ウィンクルマン(Claudia Winkleman)とのインタビューで打ち明けた。「最後に笑ったのは私よ。今では私のマイクはとうとう、本当にスイッチが入っているから」とヴィクトリアは笑顔を見せた。

 またヴィクトリアは、メラニー・ブラウン(Melanie Brown)、メラニー・チズム(Melanie Chisholm)、ジェリ・ホーナー(Geri Horner)、エマ・バントン(Emma Bunton)らメンバーとステージに立つ間、不安を感じることも多かったと認めた。

 「幸い、私はヒールに慣れていたから、ちょっとジグを踊ってごまかすことができたけど、楽なことじゃなかったわ。他のメンバーよりも、ずっと控えめだったの」とヴィクトリアは振り返った。

 しかし衣装のことになると、ヴィクトリアはファッションの知識に乏しかった他のメンバーたちに意趣返しができたという。

 「私はずっと前からファッションが大好きで、とても良い結果をもたらしてくれた。他のメンバーたちは無料の衣装をもらってばかりで、おかげで私にはグッチ(Gucci)のドレスを買えるような予算があったの」とヴィクトリアは説明した。

 スパイス・ガールズは今年、デビューシングル「ワナビー」のリリース20周年を迎える。しかし最近の報道では、4児の母でもあるヴィクトリアは再結成のステージに乗り気ではなく、「スポーティー」スパイスのメル・C(チズム)も一歩も譲らないといわれている。

 「彼女は仲間が大好きだけど、今の時点で再結成するのはしっくりしないと感じているの」とある事情通は英Daily Mirror紙に語っている。「ヴィクトリアは他に優先度が高いものを抱えているし、再結成には参加しないと明言していただけに、ちょっとした問題になるのは間違いないわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。