• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • パリス・ヒルトン、オランウータンと一緒に写真を撮ったことを国連に謝罪!

16.05.09(Mon)

パリス・ヒルトン、オランウータンと一緒に写真を撮ったことを国連に謝罪!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

パリス・ヒルトン

 ヒルトンホテル創業家出身のパリス・ヒルトン(Paris Hilton)が、オランウータンと一緒に撮った写真をネットで公開したことを国連に謝罪した。

 かつてリアリティ番組の人気者だったパリスは2014年、女の子の服を着せられたディオールという1歳のオランウータンを抱きしめる動画をInstagramで公開した。

 「世界で最もキュートな女の子」とパリスは動画で語り、オランウータンの頭にキスをしている。また、「これがディオールちゃん」とキャプションを添え、「小さなプリンセス」と締めくくった。

 しかしSNSで公開されたこの動画は当時、動物愛護団体から批判された。さらに4日には国連の大型類人猿保全計画(GRASP)の専門家が、こうした写真は絶滅危惧種を守る保護活動を損ない、動物の捕獲と虐待を促進するとしてパリスの投稿を取り上げたため、再び批判にさらされることになった。

 「大型類人猿はおもちゃでもペットでもない」とGRASPは明言した。「ヒルトン氏の認識不足は恐るべきものだ」

 パリスはその後、過去の振る舞いについて謝罪し、害を加えるつもりは一切なかったと釈明した。

 「彼らの主張にはまったく同意します」とパリスは米People誌に語っている。「私は動物が大好きです。こうした場所から(捕獲された)動物たちを実際に救う活動をしている友人もいて、野生に戻すことはできません」

 「動物たちは助けられたのです。動物を愛する気持ちでやったことでした」

 パリスは5日にニューヨークで開催された、血液がん撲滅を訴える第10回「Delete Blood Cancer DKMS」ガラパーティーに出席した際、インタビューに応じた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。