• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • 女性キャストによる『ゴーストバスターズ』リメイク作、トレーラーがYouTube史上最も低評価に!

16.05.04(Wed)

女性キャストによる『ゴーストバスターズ』リメイク作、トレーラーがYouTube史上最も低評価に!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

メリッサ・マッカーシー

 メリッサ・マッカーシー(Melissa McCarthy)とクリステン・ウィグ(Kristen Wiig)主演の『ゴーストバスターズ』リメイク版のトレーラーが3月に公開され、YouTube史上最も低評価の映画予告編となった。

 1984年のオリジナル版をリメイクし、メインキャストを女性が固める同作のトレーラーは、1日時点で58万2,663の「低評価」を獲得。エンターテイメント情報サイト「ScreenCrush」によると、YouTubeで最も低評価の動画トップ100入りを果たした唯一の映画予告編だという。

 現時点で最も低評価の動画ランキングでトップを独走しているのは、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)の2010年のヒット曲「ベイビー」で、630万の低評価を獲得している。

 ポール・フェイグ(Paul Feig)監督によるリメイク版には、他にもレスリー・ジョーンズ(Leslie Jones)、ケイト・マッキノン(Kate McKinnon)、クリス・ヘムズワース(Chris Hemsworth)らも出演し、日本では8月19日に公開される。

 しかし『ゴーストバスターズ』シリーズにとっては悪いニュースばかりでもなく、ビル・マーレイ(Bill Murray)、ダン・エイクロイド(Dan Aykroyd)、ハロルド・ライミス(Harold Ramis)、アーニー・ハドソン(Ernie Hudson)らが出演したオリジナル版が、全米で限定公開されることが発表されている。新作が公開される前の6月8日と12日に750館以上で上映され、リメイク版のスニークプレビューもあるという。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。